スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北斗星で行く冬の北海道 5日目

さて、この旅も本日をもって終了となりますが・・・実際の撮影は昨日をもって終了となりましたので本日は所用と函館散策を行ったのでそこ報告となります。

ということで早速朝の散策からです。
まあ、昨日に函館まで来たので函館朝市へと向かうことにした。前回函館をメインとしていたのですが・・・朝市へと行くことはなかったのでついに行くことにした。

まずは朝食を頂くことにした。
函館の朝食ということは「きくよ食堂」
IMG_6188.jpg IMG_6184.jpg IMG_6186.jpg
本日の朝食は「三種お好み丼」で発注は「エビ・カニ・ウニ」です。まあ、結構食べられないものがあるのでこの組み合わせがベストなわけですよね。まあ、見ての通り器はそれほど大きくないがこれでも結構ありますね。ちなみに混みあっているときは相席になります。
IMG_6190.jpg IMG_6191.jpg
IMG_6193.jpg IMG_6202.jpg
まあ朝食をとった所で函館朝市を散策。ちなみにここではあまり購入はしませんでしたが・・・別で山ほど買いましたが。

というわけで函館観光といえば函館市電。
IMG_6194.jpg IMG_6195.jpg
まずは3003号車。五勝手屋のラッピング列車でした。前回はこの五勝手羊羹は見なかったので、良かったです。なんとも北海道なラッピングで最高ですね。

そして本日1本目に乗車した列車は
IMG_6198.jpg IMG_6200.jpg
8001号車でした。これまた函館のラッピングでレイモンソーセージでした。

次は
IMG_6204.jpg
718号車。スナッフルス号。これも函館の新名物であるチーズオムレットを売る会社のラッピングでした。

そして、一旦函館駅に戻りまして荷物をコインロッカーに放り込み再度散策へと向かう。
しかし、その前に函館駅内についにこれが現れました。
IMG_6206.jpg
グランクラスシート。函館(北海道)に新幹線がやってくる。まあ、そんな感じですね。まあ、実際もうそこまで来ていますからね。

そして、函館駅から前回乗車しなかった区間を乗り潰すために再び函館市電へと乗車。
IMG_6210.jpg IMG_6208.jpg
再び718号車でした。これに乗り函館どつく前停留場に到着。

ここから少し歩き前回訪れた時に見ることが出来なかった「八幡(はちまん)坂」に向かうことにした。その途中で通過して行った市電を撮影した。
IMG_6215.jpg IMG_6217.jpg
9603号車。らっくる号。函館市電唯一の低床車両です。まあ、時代の流れですからこれはこれで良しです。

そして次は
IMG_6222.jpg
2002号車。これは印象に残りますね。なんだかラッピング列車ですが一種のレトロ列車にも見えてしまうのは自分だけでしょうか・・・。

IMG_6219.jpg IMG_6225.jpg
ここで周辺の建築物も撮影。

それから基(もと)坂へと到着しまして、坂の上まで登ることにする。
IMG_6227.jpg IMG_6229.jpg IMG_6232.jpg
IMG_6234.jpg IMG_6236.jpg IMG_6233.jpg
途中に、函館市旧イギリス領事館や旧北海道庁函館支庁庁舎・旧函館区公会堂などの建造物を見まして元町公園からの風景を見る。

そして八幡坂へ向かうことにする。
IMG_6240.jpg IMG_6247.jpg IMG_6256.jpg
函館の風景といえばここですね。まっすぐ見下ろす先には函館湾。「画になるなー」っていう感じですね。

さて、そんなことをしていると昼食の時間となりましたので再び函館駅に戻りまして何を頂こうかと考えながら、函館といえば塩ラーメン・カニ・イカ・・・ということで、イカを食べようということで活イカを頂くことにした。

ということで
IMG_6265.jpg
活いか刺身を発注。リアルについさっきまで生きていたものですので鮮度は抜群というか新鮮そのものですよね。まあ、これは実際に体験した方が良いのでこの辺にしておきまして・・・。

昼食に1時間以上もかけるというド観光客に成り下がってしまったので、再び函館市電に乗車して鉄分の補給へと向かうことにする。
函館駅前停留所に向かう途中で
IMG_6263.jpg
北洋銀行の函館中央支店に北海道新幹線開業まで461日のカウントダウンボードがありましたが・・・「遅くても」というワードを付けるほどの期待感があるのですね。新幹線と引き換えになくなってしまうものも大きいので素直に喜べないところですね。

さて函館駅前停留所にて
IMG_6266.jpg IMG_6268.jpg
IMG_6271.jpg IMG_6272.jpg
8007号車と723号車でした。やはり500形には巡り合えません。まあ、通常でお目にかかれることがあるのかが不明ですが・・・
ここで723号車に乗車しまして駒場車庫前まで向かうことにする。
IMG_6274.jpg IMG_6276.jpg
市電に揺られること暫しで駒場車庫に到着しまして撮影を始める。

まず目に飛び込んだのは
IMG_6279.jpg IMG_6280.jpg
530号車。居たよ!ついに捉えました。まあ、車庫内ではあるが実物を見ることが出来て本当に良かった。
その他に、
IMG_6282_201501282014112d3.jpg IMG_6286_20150128201410802.jpg
8000形や800形も撮影。

そして先程乗車した723号車が折り返し回送でやって来たので撮影。
IMG_6289.jpg IMG_6291_20150128201555fa0.jpg
IMG_6292_2015012820155551e.jpg IMG_6294.jpg IMG_6295_2015012820155373a.jpg
先程、この駒場車庫で運転手交代したのですが・・・湯の川まで行って直ぐに回送になるのであれば交代しなくても良かったのではないかと思ってしまうほどですね。
IMG_6304.jpg
そして駒場車庫から終点の湯の川まで乗車することにする。これで、函館市電2系統あるが全線乗りつぶし達成です。

そして湯の川の停留所の直ぐ近くにある湯倉神社へと向かった。
IMG_6301.jpg IMG_6297.jpg IMG_6302.jpg
湯倉神社。まあ、こじんまりとした感じでした。さて、そろそろ戻らなければいけない時間なので函館駅へと戻ることにする。

さて函館駅へと戻り、ここから本州へと帰ってゆきます。まあ、いつもならば寝台特急で上野まで行くのですが・・・既に本年度の運転は28日で終了しており、来年の5日まで運休というなんとも最悪な展開な為青函トンネルを昼間に通過するということになりました。いつも夜間から深夜帯に通過しているので初めて日中に通過することになる。まあ、この区間の特急も新幹線開業の折には廃止されてしまうであろうから乗車しておくのも良いでしょう。

しかし、スーパー白鳥に乗車するのはちょっといかがなものかということで・・・ちょうどいい時間帯に臨時特急である白鳥が運転されていたので迷わずチョイスすることにした。
ということで乗車したのは
IMG_6313.jpg IMG_6310.jpg
IMG_6308.jpg IMG_6320.jpg
白鳥80号。新青森行。485系で運転される白鳥も減便となれば真っ先に廃止される列車であることは明らかなので乗車しておきたかった車両であったので最高でした。

白鳥は14:51分発なのですが・・・遅れて到着したので車内清掃などが終わったのが発車2分前という慌ただしさで勿論遅れての発車となりました。しかし、この白鳥が遅れてしまうとこの後のメインミッションが完遂できなくなるというところでもあるので、遅れを取り戻してくれることを切に祈りながらの乗車となりました。

ちなみに、函館駅で白鳥の整備待ちでホームから
IMG_6316.jpg
DD51-1141号機。この青いDD51も寝台特急の任務がなくなるとその後の処遇が気になるところです。すでに北海道の地では貨物のDD51は全廃しているので一日でも長くその雄姿を見せてほしいものである。

そして臨時白鳥80号は途中で列車交換の為、停車したりして遅れを微妙に増やしていったが・・・青函トンネルを抜けたころには定時運転に戻していた。そして、青森駅に定刻の17:00に到着しました。

そしてこの青森駅ではこちらも臨時特急を撮影する。
臨時寝台特急あけぼの
IMG_6327.jpg IMG_6336.jpg
IMG_6340.jpg IMG_6342.jpg
IMG_6344.jpg IMG_6348.jpg IMG_6354.jpg
本日の牽引機はEF81-138号機でした。この「臨時寝台特急あけほの」は今回の冬の設定を持って完全廃止との噂が絶えないので、どうしても撮影しておきたかったので本当に良かった。しかし、このまま完全廃止になってしまうと思うと寂しいですね。

ということでこのあけぼの号を見送りまして、新青森から東北新幹線にて帰路に着きました。本当は「あけぼの」で帰りたかったのですが、最後まで切符の確保が出来なかったのが悔やまれます。ということで今年の撮り納めはあけぼのとなりました。

北斗星で行く冬の北海道5日間終わり。

本年もありがとうございました。来年もチョイチョイ撮影が忙しくなりそうですのでよろしくお願いします。

スポンサーサイト

tag : あけぼの DD51 EF81 北海道

夜を駆ける老兵を見送りに

本日は昨日に正式発表された国鉄最後の寝台特急「あけぼの」を撮影するためにちょっと出かけてきましたのでその報告と、それに付随する撮影を行ってきたのでそれについて書いていこうと思う。

まず最初に本当は、上野に到着する2022レを撮影したいところではあるが、遅れが出ていないと我が地元からでは始発に乗っても間に合わないので、泣く泣く諦め・・・まずは東京駅にて撮影することにする。

東京駅で朝、撮影するものといえば
IMG_9151.jpg IMG_9153.jpg IMG_9154.jpg
285系サンライズ出雲・サンライズ瀬戸。東京駅からの回送を撮影。本日は回送発車時にMH(ミュージックホーン)を鳴らしての出発しました。本日「あけぼの」は撮れなかったが、なかなか幸先のよさそうな感じである。

そして東京駅ではまだまだ先だと思っていた「東北縦貫線」が2015年に開業することがついに決定し名称は「上野東京ライン」となるようで、ついに東京駅の東海道線ホームも完全な始発&終着の役割を終えることになるであろうから今のうちに撮影できるものはしておかなければいけない。

さて、それでは次の目的のために移動を開始する。
次なる目標は勿論2レである。

いつものように都心での撮影ではつまらないのでちょっと足を延ばして
IMG_9157.jpg IMG_9167_201312302318588e5.jpg IMG_9169_20131230231857400.jpg
寝台特急 北斗星。本日の牽引機はEF510-510号機でした。カシ釜である510号機が牽引してくれました。まあ、正調のEF510が北斗星に似合うのは勿論だが、バリエーションという意味では最高です。そしてこのポジションでは残念ながらサイドに陽が当たらないのでこれはこれで良しです。この北斗星もというか客車列車自体ですが・・・先は長くないことは先日の記事にも書いたように明らかであり、なるべく多く記録していきたいものです。
そしてこの日は、昨日JRから「あけぼの」の廃止報道があったので人が出ていると思ったのですが、先客が1名居たのみで、それからも特に増える様子もなく、結局自分ともう一名での撮影となりました。まあ、静かに撮れるうちに撮っておいた方が良いのは言うまでもありません。

そして無事に北斗星を撮影した後で、あっさりこの場所から立ち去るのもあれなので少し撮影することにした。

まずは3087レ
IMG_9175.jpg IMG_9176.jpg IMG_9180.jpg
本日の牽引機はEH500-55号機でした。もろ逆光で顔は暗いですが・・・まあ、それなりの感じになりました。ただ、H級を強調できないのでそこは少し残念なところである。まあ、金太郎自体をあまり撮影出来ないのでこれはこれで良しとします。

次は3083レ
IMG_9195.jpg IMG_9199.jpg IMG_9201.jpg
本日の牽引機はEF65-2094号機でした。まあ、2094号機ということで少し残念な所であるが・・・PFが撮影できるだけでも有り難く思わなければならない。しかし、首都圏はPFの運用がたくさんあり羨ましい限りです。

そして次は3056レ
IMG_9204.jpg
本日の牽引機はEH500-4号機でした。金太郎も1次車から3次車と色々なタイプがあり、先ほどの55号機は3次車になるのですが、こちらは2次車です。顔が全く違いますので明らかですな。好みはそれぞれですが、黒が入ると顔が締まります。

そしてその次は配8592レ
IMG_9207.jpg IMG_9210_201312302322407dc.jpg
本日の牽引機はEF65-2068号機でした。金太郎の後にはPFが来るという感じです。そして配給の見事な空コキ。綺麗なまな板状態ですが・・・コキも地味に3色のカラーバリエーションというところにグッときますね。空コキの配給なのでケツ撃ちも出来るが、思いっきり陰で・・微妙。

そして次は4094レ
IMG_9212.jpg
ここでまさかの本日の牽引機はEF65-2119号機でした。なんということでしょうか、まさかの原色青プレです。しかし、またもやここでミスを犯すのである。どうしてこんなにも本番に弱いのであろうか・・・まともに撮れたのはこれぐらいで後は無残な姿でした。なかなかお目にかかれないのに・・・。

まあ、終わったことは仕方がないので・・・仕切りなおして撮影を続けることにする。

次は3086レ
IMG_9217.jpg
本日の牽引機はEH500-19号機でした。不意を打たれたので残念な結果となりましたが・・・こちらも3次車です。まあ、3次車が一大勢力なので多いのは当たり前ですが。

これにてこの場所を移動しまして、高崎線へと向かうことにする。

高崎線へ向かった理由は211系のラッピング車両を撮影しようと思い来たわけである。まあ、今回の昼間撮影を行う上で結構上位に位置づけしていたものだけに狙っていたのですが・・・
予想していた列車に211系が入らずに残念でした。しかし、高崎線にいれば見ることができるかもしれないということで・・・高崎線で撮影を行うことにする。

次は2071レ
IMG_9219.jpg
本日の牽引機はEF65-2085号機でしたが・・・まさかの逆ホームを通過。まあ、これは後でリベンジということで・・・

この後は4074レ
IMG_9231.jpg IMG_9234.jpg IMG_9236.jpg
本日の牽引機はEF65-2101号機でした。こちらは色々な変化を遂げて現在に至る釜でありますが、やはり青プレに改番後の番号は見にくいです。しかし、メチャクチャ順光なので最高です。

そしてその次は再び2071レ
IMG_9245.jpg IMG_9246.jpg
勿論牽引機はEF65-2085号機です。まあ、先ほどの上り列車がド順光でしたので勿論こちらはド逆光になります。まあ、記録までということで・・・

そしてこの後で高崎駅へ向かうことに。

高崎に着いてホームを見渡すとなんとそこに
IMG_9252.jpg IMG_9253.jpg
651系1000番台を発見。しかも幕は「試運転」まさかの展開です。
まあ、昨日発表になったダイヤ改正の中で高崎線の特急列車「あかぎ」「草津」が185系から651系に置き換えが発表されましたが、まさかその次の日に試運転を撮影できると思っていなかったので大興奮ですよ。
そして、撮影するために向かった隣のホームへ向かうとすぐに出て行ってしまったので残念ながら正面を抑えることが出来なかったが一応テールだけは押さえることが出来たので良かった。

そして高崎といえばあれがいます
IMG_9255.jpg IMG_9257.jpg
115系湘南色。最高です。しかし、この115系もそう先は長くないので撮れるうちに撮っておくということで・・・ということはいつも言っているが、いつも撮影だけで乗車はしていないので今回は乗車してしまった。

115系で前橋まで行ってみたが・・・前橋まで来てみたものの特に見る物もなく、そしてダイヤが薄いので次の列車にて高崎まで戻らなければならいので30分しかなかったのでどうすることも出来ませんが、まあ115系に乗車することが目的なので別に良いです。そして帰りも115系を期待したが・・・まさかの211系。それも号車番号は11号車から15号車となっていたるということは付随編成ということだ。しかし暫くすれば、この最後の国鉄形である211系にも引退の時が迫るのだからこうやって第二の人生を歩んでいる列車にも頑張ってほしいと思う。

そして何もなく高崎へと戻ってきたのであるが、その理由は9136レを撮影するため
IMG_9262.jpg IMG_9265.jpg IMG_9275.jpg
IMG_9281_2013123023285187d.jpg IMG_9286_20131230232850a75.jpg IMG_9294.jpg
それはDLクリスマス碓氷号。牽引機(本務機)はDD51-842号機+旧型客車4両+D51-498号機。まあ、メインはDD51とD51の釜になるのですが・・・この組み合わせも往年のファンの方には微妙なものになるのですかね。全国の蒸気を追いやったDD51と手を組んで客車をプッシュプルする姿を定期的に見ることが出来るのがこの高崎周辺の良い所である。まあ、その時を知らない我々は特に興味深い組み合わせで地元ではまず実現しないであろうSLであるので羨ましい限りです。

そして高崎駅での撮影を終えて、次の上り列車を待っていると隣のホームに列車が入線してきたのですが・・・それがまさかの
IMG_9299.jpg IMG_9300_201312302328466cd.jpg
651系1000番台でした。まさかの試運転が帰ってきました。そして全面のヘッドサインにはきちんと「試運転」最高です。しかし、今日はもう撮る事が出来ないかと思っていたのでラッキーでした。

そして高崎から上野まで一気に戻り上野駅でラストスパートをかけることにする。

まずは1レから
IMG_9306.jpg IMG_9307_20131230233011d47.jpg
IMG_9311_20131230233011702.jpg IMG_9313.jpg IMG_9314.jpg
IMG_9326.jpg IMG_9328.jpg IMG_9329_20131230233820ca1.jpg
IMG_9338.jpg IMG_9342.jpg IMG_9347.jpg
寝台特急 北斗星。本日の牽引機はEF510-515号機でした。このブルートレインもあけぼの号が2014年の3月のダイヤ改正後に残る本当の意味での最後のブルートレイン(寝台特急)となってしまいます。そしてこの北斗星にも引退の二文字はそう遠くないところに見えてきているのでこちらもなるべく記録していかなければならない。そして本日は昨日に「あけぼの」の廃止が正式発表されたということもあり・・・この北斗星の撮影もかなり多くのファンや一般の方が撮影に訪れていました。しかし、列車に向けてのフラッシュ撮影は運転士への妨害行為と同じですので絶対にやめましょう。暗いからと言ってフラッシュを焚いてもいい写真は撮れません。

そして北斗星の撮影ついでに4001Mもい撮影。
IMG_9315_201312302330089b2.jpg IMG_9318.jpg IMG_9322.jpg
特急あかぎ1号。先にも書いたように、次のダイヤ改正にてほとんどの「あかぎ」が185系から先ほど撮影した651系1000番台が運用につきます。なのでこの光景もあと少しとなりました。ということで高崎線を走る列車は次の改正でほとんどの国鉄型が居なくなることになります。

そしてその次は2021レ
IMG_9399.jpg IMG_9407_20131230234015e84.jpg IMG_9410_2013123023440300e.jpg
IMG_9412_2013123023440297a.jpg IMG_9413.jpg IMG_9428.jpg
寝台特急 あけぼの。本日の牽引機はEF64-1053号機でした。国鉄形の機関車が国鉄製造の客車を牽き国鉄生まれの最後のブルートレインあけぼの号を本日も一路青森に向けて走り出す。「あけぼの」の客車もそうですが、ヘッドマークもなかりくたびれていて、その年月を感じられずにはいられない。そして次のダイヤ改正にて定期運行から臨時運転への格下げとなり、昭和のブルートレインは終止符を打つことになる。そして、本日の上野駅13番線は激パ状態でしたね。流石に翌日ということもありますが、上野駅での乗車率も結構よさそうな感じで、本当に利用客の減少があるのかと思ってしまうほどである。そして定期運行廃止が決まってしまった以上仕方がないが、最期のその時まで無事故で走り続けてほしい。
IMG_9389_20131230234018247.jpg IMG_9390.jpg IMG_9391.jpg
IMG_9429.jpg IMG_9432.jpg IMG_9436.jpg
IMG_9437.jpg IMG_9438.jpg IMG_9440.jpg
そして「あけぼの号」を無事に見送り、上野駅ホームに残る「あけぼの」の痕跡を撮影する。今回の撮影で恐らく最後になってしまうだろうから、なるべく見落としの無いように撮影した。しかし、13番線を発着する列車がこんなにも少なくなっていることに愕然としつつ、数年後には「上野駅13番線は北海道」という名言も過去帳入りしてしまうと思うと日本の鉄道もつまらないことになって来たなと思うこの頃である。

そして最後に東京駅で
IMG_9442.jpg IMG_9446_20131230234555af6.jpg IMG_9447.jpg
IMG_9448.jpg IMG_9449.jpg IMG_9450.jpg
IMG_9455.jpg IMG_9457.jpg IMG_9459.jpg
サンライズ出雲・瀬戸の撮影と「ムーンライトながら」を撮影。まあ、ムーンライトは電光板のみですが・・・今回の運転から183・189系の運行から185系の6+4の運転になりました。ムーンライトの車両設備がどんどんショボイことになって行っています。

まあ、そんなところで本日の遠征は終了です。しかし、「あけぼの」の撮影はもう一度ぐらい撮影したいものです。
また、何かあったら報告します。

tag : 貨物 EF65 あけぼの 北斗星 EF64 DD51

「あけぼの」はついに黄昏へ

本日、ついにJR東日本から正式発表がありました。

「寝台特急 あけぼの 廃止」

新聞各紙に取り上げられてから約1ヶ月以上もたちましたが・・・

とても残念です。

2014年3月に実施されるダイヤ改正でまた一つ蒼い流星が旅立ちます。

それではまた、何かあったら報告します。

tag : あけぼの

夜を駆ける流星

今月に入り、残念なニュースが立て続けに入り愕然としている今日この頃ですが・・・本日は、今わかっている限りで一つずつ整理していきたいと思う。

まずは11/2に運行された「寝台急行 天の川」
この列車は24系寝台列車をDD51が牽引するという、夢のような企画であったが、今となってはDD51が牽引する寝台列車などは見る機会がないので一目見たい気持ちはわかりますが・・・各駅で罵声大会等が行われたようで、実際に現地には行っていませんがこのようなことがある事に非常に残念に思う。

そして同じ日の11/2に新聞にて報道された


寝台特急 あけぼの 廃止」
EF64 1030寝台特急あけぼの (1) EF64 1030寝台特急あけぼの (8) EF81 136寝台特急あけぼの (5)
ついにですよ。まあ、まだJRからの正式発表はありませんが「あけぼの」の沿線にて発行されている新聞社から出たので確定でしょうが、今回の廃止に伴って寝台の廃止時によくでる「利用客の減少」というフレーズは見られずやはり日本海側を通る当列車には一定の利用客が付いており、今回廃止される理由も車両の老朽化に伴うものであり、2014年3月のダイヤ改正を以て廃止となるようです。実質後4か月ほどしかない状態になってしまいました。あけぼの号は石川さゆりさんの「津軽海峡冬景色」にあるような列車であり、定期運転が次のダイヤ改正で終わってしまえば、歌の中にあるような景色がついに途絶えてしまうことになる。そして恐らくは定期運転が終了してからも暫くは臨時という形で走ることはあるであろうが・・・廃止の決定打が車両の老朽化なので長い間の運転は難しいと思われ、「日本海」と同じような運命を辿ることは明確であろう。
あけぼの号の下り列車は何とか駅撮りできる時間なので何度か撮影したが、上り列車は上野到着が結構早い時間なのでなかなか撮影出来ないまま本日まで来てしまった。そしてこれから残された時間で撮影できるか・・・。

そして「あけぼの号」の廃止報道のショックから抜け出せない5日後の11/7日。追加で右ストレートを食らった。

それは

「寝台特急 北斗星 廃止」
EF510 514+寝台特急北斗星 (8) EF510 515 寝台特急北斗星 (9)
こちらは全くその予感がなかったかといえば、限界に近づいていることは判っていた。まあ、先にあけぼの号が廃止になるという報道が出ていたからだとは思うが・・・同じ24系25形客車を使用している限り同じ運命をたどる列車であることは覚悟していた。北斗星は今さら説明が要らないぐらい有名な元祖豪華寝台特急であり、上野と札幌を初めて乗り換えなしで結んだ列車であり、それを可能にしたのは青函トンネルの開通によるものであり、青函トンネルなしでは本州と北海道を結ぶことは出来なかった。今まで青函トンネルの恩恵を受けて走り続けた北斗星も青函トンネルがネックとなり廃止となるようです。
なぜ青函トンネルがネックとなるかというと、2015年度末に開業を予定している北海道新幹線が走行するもの青函トンネルであり、その電機工事が始まり新幹線と電圧が異なる北斗星の機関車では走行できなくなることがブルートレイン「北斗星」が廃止される理由の一つ。ならば機関車を造ればいいではないかという話になるが、北海道新幹線開通に伴い乗客減で機関車を新造するコストに見合わないという見解。よって青函トンネルを抜けることが出来ない北斗星は行けても青森止まり、青森止まりの「あけぼの号」が廃止されるのにこちらが残るとは考えられません。
北斗星の廃止は2015年3月のダイヤ改正となり、2015年(北海道新幹線開業)までは臨時列車として運行するようではある。なぜ2015年度末まで運行しないかというと、青函トンネルの工事時間の確保が目的で2015年3月のダイヤ改正にて定期運転を取りやめるようです。

さらに、あけぼのが2014年春に廃止になったとして、2015年春に北斗星が廃止になれば、本当の意味でのブルートレインの灯が消えてしまします。今までも、メディア等ではブルートレイン廃止時に中継を行い軽いお祭り騒ぎとなりますが・・・今回のこのパターンですと国鉄時代からの真のブルートレインが本当に消滅となります。

そして

「寝台特急 カシオペア 廃止」
DD51 1083 カシオペア (9) DD51 1083 カシオペア (19)
こちらはノーマークでした。まさか24系25形を使用しているあけぼの・北斗星のように車両の老朽化という部分ではなく、こちらは北斗星の所でも述べたように青函トンネルを牽引する機関車問題が浮上し廃止。E26系客車はまだまだ使える車両であるので転用して運転されることになるであろう。まあ、その布石が秋田クルーズであったように思える。
こちらのカシオペアは現在の豪華寝台列車であり、趣味人だけでなく一般の方にも人気が高く乗車率は良いはずであり、もともと扱いが臨時列車なので廃止の時期も北海道新幹線の開業と引き換えとなりそうです。
ということで廃止時期は2016年春になると思われます。

そして

「寝台特急 トワイライトエクスプレス 廃止」
DD51 1148 トワイライトエクスプレス (4) DD51 1148 トワイライトエクスプレス (16)
こちらも先ほどの「カシオペア」と同じように青函トンネルを通過するため、廃止となります。まあ、こちらは24系客車を使用している為、車両の老朽化は「あけぼの」&「北斗星」と同じでありますが・・・こちらは定期列車ではなく臨時列車として運行されています。この列車は日本最長距離を走る列車であり、最長時間乗車の列車である。
そしてこのトワイライトカシオペアと同じように2016年春の廃止となりそうです。

さて、これら北斗星・カシオペア・トワイライトエクスプレスの廃止報道もJRからの正式発表ではない状態ではありますが・・・上記にも書いたように存続は難しいでしょう。それに、廃止時期については新聞各紙でちょっとずつ違うところがあり・・・実際の所はわりませんが、

寝台特急(客車牽引)の全廃はもうすぐそこまで来ていることに間違いはありません。

まあ、そこでさらに気になるのは

「急行 はまなす」
DD51 1095急行はまなす (4) ED79 12急行はまなす (2) ED79 20はまなす (5)
こちらも各寝台特急と同じように青函トンネルを通過していく列車であります。今回の新聞各紙による発表の中には入っていませんが青森と札幌を結ぶ点では北海道新幹線にとって食われる運命であることは明らかであり、青函の機関車も製造されそうもないことから、廃止となるでしょう。廃止の時期は判りませんが、出来れば2016年春まで持ってほしいものである。

これに伴い、日本で最後まで残るであろう寝台列車は
285系 サンライズ出雲・瀬戸 (10)
何の因果か「サンライズ出雲・サンライズ瀬戸」の電車型寝台特急となりました。最後に東京口の寝台が残った。こちらに関しては暫く運行されるという発表があるようで2016年春以降も乗車出来る列車となるようです。


そしてまだまだ続きましてJR岩泉線の廃止も決定となりました。
岩泉線はなかなかのローカル線であり、一度は訪れておきたいと思っていたが、2010年7月に押角~岩手大川間で土砂崩落が発生し、そこに列車が乗り上げて脱線してしまい全線不通になって以来、バス輸送による代行輸送となっておりましたが、そのまま廃線となってしまうようです。

さて、そんなところで本日は終わりにします。また、何かあったら報告します。

tag : 北斗星 あけぼの カシオペア トワイライト 寝台

秋、イベント、東新潟にて 2013

本日はタイトルにもあるように久しぶりに東新潟の公開イベントへと行ってきたのでその報告とそれに付随する撮影を書いていきたいと思う。まあ、今回久しぶりに東新潟に行こうと思ったのはやはりEF81が展示されるということでして、改番されてからまともに撮ったことがないのでイベントではあるがこれは押さえておかなければということと、どうも東新潟に元田端車のEF510-500番台がいるようだということでサプライズで展示されるかなという淡い期待も持ちながら向かったのであるが・・・

イベント当日は全国に晴れ予報なのに・・・なぜか新潟地方は天気が芳しくない予報であったが、出発時には傘を持たずに一路、東京から新潟への旅は始まる。

まず、東京から上越新幹線にて向かうのであるが、200系亡きあとのJR東日本新幹線といえば「E5はやぶさ」「E6スーパーこまち」なわけで、この上越・長野新幹線の関心はあまりない。まあ、長野新幹線は金沢まで延伸がもうそこまで来ているので、正式名称の北陸新幹線となりこの長野新幹線という言葉自体もあと数年というところまで来ているのであるが・・・まあ、今回は長野新幹線(正式名称:北陸新幹線)は置いておいて。

今回は新潟へ向かうので上越新幹線であるが、現在の主力はやはりE4系(通称:MAX)。大量輸送と着席率向上のオール2階建て車両で愛称通りにマックスに運びますという感じの新幹線であるが、大量輸送・着席率向上の影響で自由席は3+3という素晴らしい待遇を受けなければならいし、1階席は防音壁に覆われて基本的に車窓は無いものと同じ。まあ、通勤などの単なる移動手段と考えるのであれば別に良いのであるが、やはり観光客に向けてはちょっと厳しいものがある。まあ、先にも述べたように現在は東北新幹線では「はやぶさ」「スーパーこまち」押されて活躍の場をこの上越新幹線へと移しているのであるが上越新幹線は最新車両を与えられる路線ではなく別からの改造や転属が多い路線であることも面白い所である。

そして、E4系と並んで走るのはE2系。こちらは「はやて」や「あさま」等で運用されているものと同じある。

さて、本日の出だしはそのMAXから
IMG_8321.jpg IMG_8325.jpg
IMG_8326.jpg IMG_8327.jpg
MAXとき307号。この列車はMAXの2編成を繋いだ16両編成となっておりますが、車内放送によるとこの列車の指定席はすべて完売となっているようでした。まあ、多くの乗客は途中の越後湯沢にて下車していきました。そして気になる天気ですが、東京を出てから高崎までは晴れていましてこれはいけるかなと思いながら長いトンネルを抜けていくと段々と天気は悪くなるが、雨が降りそうな気配はまだない。そして越後湯沢からのトンネルを抜けるとそこは大雨でした。

そのまま雨が止むわけもなく・・・長岡は雨だった。

まあ、雨なのは仕方がないので諦めて撮影に入ることにする。

まずは2082レ
IMG_8330.jpg IMG_8331_20131019190835729.jpg IMG_8333.jpg
本日の牽引機はEH200-901号機でした。まさか長岡でのクマイチ。しかし、ちょどこの時に下りも接近していたので早めに切り上げて下り列車を撮影しようと思ったが・・・こちらは撃沈。EH200よりEF510のレッドサンダーの方が見る機会が少ないのでこっちに重きをおけばよかったと思いながらも、クマイチだからいいかと言い聞かせながらこれにて一度、駅を出ることにした。

そして向かう先は、長岡といえばという場所へと向かうことにする
IMG_8338.jpg IMG_8336.jpg
そこは「如是蔵博物館」ここは長岡駅から徒歩5分ほどというアクセスは最高なのですが、ちょっとマニアックなので訪問者はあまりいないようでした。そしてこの日は自分が一番乗りでして、開門の5分前に到着して待っていると掃除していた館長さんが時間より少し早いが入れてくれた。当然ではあるが内部は撮影禁止なので、詳しいことは実際に足を運んでもらうしかないのですが・・・素晴らしいの一言に尽きます。そしてこの博物館は約28年前に一般公開され始めたようで、それまでは一部の人しか入れなかったようです。今回は時間が限られていたので非常に短い時間でしたが有意義な時間を過ごし、また訪れたいと思いながら後にし長岡駅へと戻ることにした。

長岡駅に戻っては来たものの雨が止む気配は全くないどころか段々強くなってきたいるのではないかと思いながら・・・予定通り進めることにする。

長岡からちょっと移動して撮影を始める

が、非常に雨が強くなり諦めかけたのですが、そう簡単に来られる場所ではないので強行。

まずは95レ
IMG_8341.jpg
本日の牽引機はEF510-7号機でした。まあ、レッドサンダーも普段見れないものですから素晴らしい。しかし、本当はこの前に485系の北越があったのですが、機材のセッティング中に通過してしまったので非常に残念ではあるが、撮影出来なかった。しかし、この後にEF81牽引の貨物をここでのメインに据えていたので、これはしょうがないということで・・・

次は3373M
IMG_8348.jpg IMG_8350_20131019191238984.jpg IMG_8354.jpg
485系の快速くびき野3号。この「くびき野」は同じ485系を使用している「特急:北越」と比べてもほとんど遜色のない走りを行います。まあ、今回はこの越後路を走る最後の国鉄形特急を撮影することも目的の一つであったので幕的には残念ですが、記録的には良いものが出来た。

そしてその次は本命の3093レ

本日の牽引機は・・・と行きたい所ですが、まさかの+8時間遅れ。こんなに大雨の中で待っていたのに。最悪でした。まあ、次の列車に乗らないといけないので今回は諦めて次の列車を最後にすることにした。

ここでの最後は434M
IMG_8357.jpg IMG_8358.jpg IMG_8359.jpg
115系新潟色(3次)の6両編成でした。2次車との運転も多い中、ストレートに決まっていてこれはこれで美しい。
そして、この列車を撮影した後でここは撤収。本日のメインイベントの方へ向けて移動を開始。

信越線に揺られること約1時間で到着したのは「新潟駅」
新潟駅は現在工事を行っており、前回来た時とはかなり表情を変えていました。そしてここで白新線に乗り換えて東新潟へと向かうのですが・・・跨線橋からホームをチラ見するとまさかの奴がいたので早速撮影することにした。

IMG_8361_20131019191234c9a.jpg IMG_8365_20131019191711f40.jpg
E653系「いなほ」。まさか見られるとは思っていなかったのでちょっと嬉しかったですな。そして、隣のホームには485系の北越もいたので無理矢理ですが並ばせて撮影。

先に北越の出発時間になってしまうので485系から
IMG_8363_20131019191712700.jpg IMG_8367_20131019191710e2e.jpg
IMG_8371.jpg IMG_8373_201310191917082fd.jpg IMG_8376.jpg
485系「北越6号」やはり485系はやはり1000番台が良いですな。この地方での国鉄形特急の最後となってしまった485系ですが、北陸新幹線の開通とともにその後の境遇がとても気になる存在です。

そしてE653系いなほ
IMG_8378_201310191919552f4.jpg IMG_8381_20131019191954cc7.jpg
IMG_8382_201310191919539a4.jpg IMG_8383_20131019191952958.jpg
まあ、今はまだ貴重な存在ですが・・・そのうちに全ての「いなほ」がこのE653系にて運行されていくので、撮影する側としてはありがたいのは現在の期間だけという感じですが、利用客目線で行けばやはりこちらの方がいいのは当たり前ですね。

そして本日は臨時の「いなほ」が走るようなのでそいつもついでに収穫。
IMG_8389.jpg IMG_8393.jpg IMG_8386.jpg
485系1000番台の「いなほ」やはりこっちの方がやはり良いですな。今回の工程では「いなほ」を撮れるチャンスはこの1回でしたのでなんとか収穫できました。次来るときにはもう485の「いなほ」は見ることが出来ないであろう。

さて新潟で思いもよらぬ収穫があったところで、今回のメインイベントである東新潟のイベントへと向かうことにする。さきほど、撮影出来なかったEF81をお目当てに来ているので否が応でも期待が高まります。そして新潟に着いてから雨も止みなかなかのコンディションです。

そして着いた東新潟機関区公開イベント。
IMG_8424.jpg IMG_8425.jpg
IMG_8423_20131019192945cb4.jpg IMG_8422.jpg
天気は曇り、なんとか持ちそうな感じがします。今回は14時ごろに現場に到着したのでお客さんが閑散としていました。まあ、今回は天気が悪いという予報でしたのでこれは仕方がないかなと思いながらも、それにしてもそれを加味してもお客の少ないこと・・・まあ、ゆっくり撮影出来るのでいいかと思いながら早速機関車の並びゾーンへ向かうことにした。

そして遠目からわかったことではあるが・・・



EF81が見えない。




まさか・・・。


展示されていたのは
IMG_8394_2013101919233860f.jpg IMG_8396.jpg
IMG_8400.jpg IMG_8418.jpg IMG_8419.jpg
EF510-12とDE10-1728号機。そしてEF510-21号機(車内公開用)でした。そしてEF510-21号機の後ろにはDE10-3507号機がいました。それにしてもまさかの展開。お客も閑散としているは機関車も閑散としているは、非常に寂しい公開となりました。
IMG_8399_20131019192335248.jpg
そしてその奥には田端から来たEF510-503号機がいました。EF81が来ないならこのEF510をせめて前に出してほしかった。なお、今回の体験乗車はEH200-17号機でした。ちなみに、職員の方に聞いた話ですが、本日のEF81展示は実際に予定していたようであるが、もともと配置のあるものではないので運用で新潟に来る釜を展示しているので、遅れがあると展示に間に合わないということでした。
IMG_8404_20131019192603fab.jpg IMG_8411.jpg IMG_8421.jpg
そして今回は検修庫にはDE10-1554号機がいましたが、その隣の交検庫には何もいませんでした。

今年の東新潟ははっきり言ってハズレな感じでした。やはりDDの配置が無くなってからこの場所でのイベントは段々寂しいものになっているようです。

さて、釜たちが寂しいことになっているので、東新潟はこれにて終わりにいたしまして・・・
IMG_8426_20131019192942ed7.jpg IMG_8428.jpg IMG_8434.jpg
そして跨線橋から本日の新潟タの入れ替え機であったDE10-1730号機を撮影しまして・・・
IMG_8430_20131019194110d2d.jpg IMG_8433.jpg IMG_8431.jpg
その後で新潟タにいた謎のEH200-4号機とDE10-3505号機の重単を撮影して予定より1本早い列車にて新潟に戻ることにして、次の目的地へと向かうことにした。

IMG_8440_201310192007050ab.jpg IMG_8442.jpg
IMG_8443.jpg IMG_8439.jpg IMG_8444.jpg
そして次は新潟駅にて485系の「北越」を撮影。本日の北越8号は485系3000番台でした。まあ、先ほどまで1000番台ばかりでしたのでこれはこれで新鮮でよかった。
そして、この北越8号に乗車し、向かうは再び「長岡」へ

長岡へは特急北越で約50分。まあ特急に乗る意味があるのかという問いには耳をふさぐとして・・・長岡へ舞い戻ってきたのは、せっかく長岡まで来て例の場所に行かないわけにはいかないので、初訪問となる場所へ向かうことにした。
IMG_8447.jpg
「山本五十六記念館」。これに関してはもう何も言うべきことはありません。そして館内は撮影禁止なのでこれといった写真はありません。

五十六記念館を堪能したのちに山本記念公園へと向かう。
IMG_8451.jpg IMG_8453.jpg IMG_8454.jpg
IMG_8457.jpg IMG_8460.jpg IMG_8462.jpg
IMG_8463.jpg IMG_8465.jpg IMG_8467.jpg
ここには五十六の生家が復元されている。この生家には入ることができるが、今回は訪問が遅かったので既に鍵がかかっており中を見ることはできなかった。これだけは残念なところである。

これにて長岡を堪能し、再び長岡駅へ戻ることにする。
IMG_8474.jpg
長岡駅にて485系等を撮影して帰ろうと思っていたのですが・・・。

まずは115系
IMG_8478.jpg IMG_8480.jpg IMG_8482.jpg
新潟色シリーズ。2次と3次。

次は485系
IMG_8485.jpg IMG_8493.jpg IMG_8498.jpg
くびき野4号。T-17編成でした。本当はT-18編成が来てほしかったが、こればかりは仕方がないということで・・・。まあ、もう一本あるのでそれにかけることにする。そしてこの「くびき野」を撮影していた同志の方がちょっとした情報をくれたので一緒に撮影することにした。

次も「くびき野」
IMG_8501.jpg IMG_8503.jpg
今回はT-16編成でした。まあ、長岡では485系か普通列車の115系を撮影するしかないので同じ画になるのは仕方がないことなのですが・・・

その次は、
IMG_8507.jpg IMG_8511.jpg IMG_8514.jpg
まさか、長岡で115系のまさかの長野色。どうやら1本のみ転属してきたようで、見れてラッキーでした。新潟色と長野色の6両編成は見ものでした。

そして本日のサプライズは
IMG_8522.jpg IMG_8527.jpg IMG_8531.jpg
まさかのE653系。どうやら疎開回送のようです。長岡でこれが見れるとは思ってもいなかったので、素晴らしいですね。先ほどの同志からこの情報をいただけて撮影できたので感謝感謝です。

そしてその次は8001レ
IMG_8533.jpg IMG_8539.jpg IMG_8540.jpg
本日の牽引機はEF81-113号機でした。寝台特急トワイライトエクスプレス。憧れのトワイライトです。素晴らしい。まあ、乗れれば乗りたいですが、乗れる日まで走っていることを祈ります。停車時間が短いので釜のみの撮影となりましたが、やはり良いものですね。

さて、これにて長岡での撮影を終えて、東京へ戻ることにする。

東京へは長岡から「とき346号」にて帰りますが、この「とき」はE2系での運転ですが、いわゆる各駅停車なので時間は少しかかりますが、車内空間は快適です。

まあ、新幹線の話は適当に切り上げて・・・降り立ったところは「上野駅」

上野で降りた目的は2021レ
IMG_8555.jpg IMG_8557.jpg IMG_8560.jpg
IMG_8569.jpg IMG_8563.jpg
寝台特急あけぼの号。本日の牽引機はEF64-1051号機でした。いまや貴重な存在であるから、ギャラリーもたくさんいました。

そしてその後でいつものように流れで
5031Mの撮影。
IMG_8572.jpg IMG_8574.jpg
IMG_8575.jpgIMG_8577_20131019202309216.jpg IMG_8583.jpg
サンライズ出雲・瀬戸の285系14両編成。いつもの感じです。今回は神田寄りからの撮影を行い終わる。

今回のメインイベントの東新潟の公開は非常に残念でしたが、色々なものを撮影出来たし、長岡では良いものを見ることが出来たので今回の旅はとてもよかった。

また、何かあったら報告します。

tag : 貨物 イベント EF64 あけぼの トワイライトエクスプレス 新潟県

プロフィール

高虎

Author:高虎
鉄道・城郭などをメインに書いていきたいと思います。
画像をクリックしますと拡大します。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
現在時刻
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ヤフオク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
ユーザータグ

貨物 東海道線 EF66 EF65 甲種 EF200 DD51 EF64 神社仏閣 北斗星 北海道 イベント 城郭 東北 特大 ED79 富士・はやぶさ 寝台特急 あけぼの はまなす カシオペア サンライズ EF81 トワイライトエクスプレス EF510 DE10 東京 山口 現存天守 サッカー EF210 急行 SL 清水エスパルス 日本海 四国 私鉄 大井川 山陰 ラッセル 371系 青森県 新潟 寝台 キヤ DE15 北陸 広島県 D51 佐久間レールパーク 岳南鉄道 香川県 中央線 操車場 京成 高知県 清水 富山県 愛知県 シキ エスパルス 秋田県 柴又 埼玉県 銀河  トーマス 航空自衛隊 エアフェスタ 新潟県 兵庫県 山口県 キヤ95 郡上八幡 愛媛県 福井県 伊賀上野 お茶の水 能登 山形県 岩手県 なは・あかつき 大阪駅 夢空間 宮城県 大阪府 長野県 石川県 両国 江戸川 福島県 ゆとり踊り子 IVIS 200系 御殿場線 EF60 あさぎり ノロッコ 185系 弘前城 EH500 特急 371 四日市 C11 C10 ダイヤ 山陰本線 重連 EH200 改正 専用線 117系 トレイン117 HF S11 新幹線なるほど発見デー 115系 団体 CANON 東京メトロ GARNET CROW 靖国 鷲宮 たまゆら 長野 169系 高虎 トワイライト 機関区 DF200 ブルートレイン 京浜東北線 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。