スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特4とトーマスと仲間たち

本日は、昨日に引き続き特大貨物の撮影を行いました。

ということで本日の8860レ
IMG_7663_201508132132101fc.jpg IMG_7665_20150813213211957.jpg IMG_7671.jpg
牽引機は昨日と同じくEF65-2084号機です。変圧器積載のシキ1000系です。まあ、静貨でマルヨでしたのでわざわざ昨日撮影しなくても捕獲することはできたのですが・・・天候面などを考慮したのですが、どちらにせよ曇天で撮影することになりましたね。

そして昨日から限定で走り出した大井川鉄道へと赤い奴を撮影するためにこれから向かいます。

ということで通過の約90分前に到着しまして撮影地へと向かうと・・・そこには同志が大勢いました。まあ、皆考えることは一緒ですね。それに土・日に運行されるのが今週だけなので仕方がないですね。

そんな感じでなんとかポジションを確保しまして普通列車から撮影。
IMG_7680_2015081321321769d.jpg
まずは大井川の主力である元南海21000系。2両編成の普通列車ですが、種別板が異常に綺麗なので違和感がありますね。

そして
IMG_7685_20150813213218e28.jpg IMG_7692.jpg
再び元南海21000系。今度は臨時急行です。こちらも種別板が綺麗すぎますね。

この次が大井川の本命である
1001レ
IMG_7715_20150813213323d3a.jpg IMG_7719.jpg IMG_7722.jpg
本日の牽引機は機関車ジェームズです。C56-44をジェームスに改造して今年から運転を始めました。大井川にしては珍しく煙を出してくれました。そして、PPではなくSLとELの重連という素晴らしい編成となりました。しかし、赤い機関車は派手で目立ちますね。

そしてここまで来たらこの後ろを走る奴も撮影ですね。
1003レ
IMG_7726.jpg IMG_7733_20150813213416dee.jpg IMG_7734.jpg
機関車トーマスですね。こちらはいつも通りの無煙状態で7両編成。しかもPPという全くいつも通りの感じですね。しかし、通過直前に曇るというこの引きの悪さ・・・。まあ、本日はこの列車がメインではないので・・・。

そしてトーマスを撮影してから次の撮影に向けて移動を開始した。本当は川根路号を撮影するというプランもあったのですが、事前情報では復路の撮影もかなりの撮影者がいるということでしたのでここで移動することにした。

さて、往路の撮影の為に抜里カーブへときましたが・・・既に同志が集まっておりました。まあ、まだ入る余地があったのでなんとか場所を確保しまして撮影ることにした。しかし、まだ通過3時間ほどあるので待ち時間が異常ですね。

その待ち時間の中で川根路を撮影することが出来た。
川根路1号
IMG_7740.jpg IMG_7742_201508132134208a4.jpg IMG_7745.jpg
本日の牽引機はC11-190号機でした。SLが3本運転されているということで客車もフル使用されており、この編成の中にスハフ43形も組み込まれる物となりました。

そして、次は
IMG_7746_201508132135107f9.jpg IMG_7751.jpg
再び21000系の普通列車。観光列車の蒸気機関車は7両編成で運転されるのに対して沿線の足として利用される列車の編成は2両編成という完全に観光路線となっていますね。

次は
IMG_7759.jpg
16000系の急行列車。近鉄の車両は良いものですね。

そして次が
1002レ
IMG_7772.jpg IMG_7775_20150813213516966.jpg IMG_7780.jpg
機関車ジェームス。往路では重連でしたが復路ではPPとなっておりました。まあ、これは展望車が連結されているのでこのような措置がとられているのですね。しかし、ちょっと明るすぎたな・・・。

そして次が本日最後の
1004レ
IMG_7792.jpg IMG_7798.jpg
機関車トーマス。なぜかトーマスの通過時間になると曇るというお約束ですね。まあ、そんなところです。
そしてこれを撮影した後で本日の撮影を終えることにした。

また、何かあったら報告します。
スポンサーサイト

tag : 大井川 トーマス 貨物 東海道線 EF65 特大

二年目にしてついに

本日は、去年より実施されている例のイベントへと行ってきました。まあ、このイベントに行くきっかけとなったのは色々あるのですが・・・まあ、自分一人では確実に実現しなかったので今回は珍しいパターンということで、あまり写真もありませんし本当に報告ということです。

ということで、今回参戦してきたイベントは去年から期間限定でやっている機関車トーマス

大井川鉄道 機関車トーマス号乗車」

この列車は普通の電車にトーマスのラッピングを行うだでは無く本物の蒸気関車(SL)をトーマスの外見に改造してしまうという本気度120%のリアルトーマスです。
IMG_7556_20150704221920db7.jpg
まずは、新東名を爆走しましてSLの始発地点である新金谷駅に到着しましてまずは車両工場見学を行いまして、本日乗車するSLかわね路を牽引する機関車を観察しましてその後、機回しを終えて客車と連結したところで駅構内へと入る。

まずは通常の蒸気機関車である101レ
IMG_7558.jpg
急行SLかわね路1号。本日の牽引機はC11-190号機でした。大井川鉄道ではこのC11にあたる確率が一番高いのでまあハズレ的な牽引機ではあるが、それでも本物のSLは迫力が違います。そして何と言っても大井川のSLに乗車するのは初めてでしたので兎に角新鮮でした。まあ、本日使用したレンズが50㎜の単焦点で行ったので、写真がほとんどないのはその為です。まあ、あまり列車自体を撮影していないという理由が一番なのですがね。
IMG_7560.jpg
そしてこのC11に揺られながら、列車は終点の千頭へと走り出します。やはり沿線から見るのも良いですが・・・乗車したら乗車したでまた別の感覚になりますね。そして今回乗車した客車がオハフ33 215で扇風機すら搭載されていないガチ物の客車というところも最高でした。

そして終点の千頭まで約1時間の汽車旅を楽しみまして、千頭では折り返しの乗車までは約1時間という時間を利用しまして千頭駅構内にて開催されている「トーマスフェア」へと参加する。
IMG_7563.jpg IMG_7566.jpg
まあ、5月に訪れた所にトーマスが加わったというだけですが・・・それでも以前の入場料は駅に入る入場券のみで楽しむことが出来たのですが、今は列車で来てもさらに入場料を取られまして「やるな」と思いましたが、地方ローカル鉄道にはこれが常套手段ですね。まあ、トーマスフェアではトーマスとヒロとパーシーの並びを見ましてあっさりと後にしてしまう。

ということで時間が余りましたので、「音戯の郷」を少しばかり徘徊しまして、ここもあっさりと見終えまして、そろそろ帰りの時間になりつつあったのでホームへと入りまして、ついにお目見えです。

トーマス編成。といっても千頭駅の有効長の関係でホーム端まで行ってもトーマスを正面から拝むことはできませんで・・・結局そのまま乗車しました。

ちなみにこのトーマス号は「特急」でしたので途中の停車駅はありませんでした。まあ運転停車ということで家山で一度停車するので直行ではありませんが・・・大井川鉄道のなかでは一番停車駅の少ない列車となりますね。ちなみに運転停車と言っても、乗客であればホームに降りて写真撮影を行うことぐらいは出来るので、ほぼ停車駅扱いですね。

そして、列車は定刻通りに新金谷へと到着しまして、すぐにトーマスは切り離されまして機回しを行い転車台に向かいました。まあ、いつもならここを撮影していく所ですが・・・本日はこんなところで大井川鉄道を後にすることになりました。

ということで本日はここまで。また何かあったら報告します。

tag : 大井川 トーマス

SLの聖地

本日は、蒸気の聖地である「大井川鐡道」へと行ってきました。まあ、今年のGWはどこにも撮影or旅行に行かなかったのでせめてもの感じで行ってきました。

ということでいきなりですが千頭駅にて
IMG_7036.jpg IMG_7065_201505171114112fe.jpg IMG_7072_20150517111526478.jpg
IMG_7076.jpg IMG_7073.jpg IMG_7081.jpg
C11-227号機。去年よりトーマス列車が走り出しまして、今年も6月から再びこの大井川鐡道にトーマスが復活するのですが・・・それに伴い客車もトーマス仕様の塗装がなされておりまして、今回は通常のSLにトーマス客車という編成です。まあ、これもこのコラボレーションがなければ撮影出来ないのでこれはこれで良いでしょう。

そして本日はSL列車が2本設定されているので並べて撮影。
IMG_7038.jpg IMG_7040.jpg IMG_7043.jpg
C11-227号機とC10-8号機。生憎の天候でしたがやはり良いですね。

その後、すぐに発車となりまして
IMG_7049.jpg IMG_7052.jpg
IMG_7058.jpg IMG_7060.jpg IMG_7062.jpg
C10-8号機。大井川ではあまり煙が期待出来ないのでこの発車のシーンが一番迫力のある画が撮れます。SL自体は大きくないのですが、やはり迫力は桁違いですね。

そして、大井川鉄道といえば様々な鉄道会社から譲渡されてきた列車が走っていることでも有名であり、本日は
IMG_7067.jpg
元南海21000系が停車していました。動く鉄道博物館ともいわれる大井川ならではの車両ですね。

そしてここに来た理由は・・・リアルトーマスです。
現在は千頭駅にて展示されているのでそれを撮影に来たというわけです。
IMG_7069.jpg IMG_7090.jpg
IMG_7094.jpg IMG_7097.jpg
現在展示されているのは「ヒロ」「パーシー」「ラスティ」の3台です。まあ、このヒロとパーシーは走行しないので展示のみとなりますが・・・今後は目が動いたり声が出たりするようです。ちなみに「ラスティ」は5月下旬までの限定らしいです。

そして大井川と言えば井川線です。
IMG_7085.jpg IMG_7087.jpg IMG_7089.jpg
軌間はJR在来線と同じの1067㎜ですが・・・車両が非常に小さいというミスマッチさが最高です。この狭い車内はナローみたいな感じですよね。

とまあ、こんな感じで千頭駅を後にしまして、次のSLを沿線で撮影することにしました。

本日2本目の102レ
IMG_7103.jpg IMG_7107.jpg IMG_7110.jpg
本日の牽引機はC11-227号機。やはり良いですね。まあ、大井川の鉄橋は最後に架線がかかってしまうのであまりいい場所がないのが欠点ですね。まあ、逆サイドから撮れば良いのですが・・・。そして、この列車を家山停車中に追い抜くことが出来まして最後にもう一度撮影。
IMG_7116.jpg IMG_7118.jpg IMG_7123.jpg
今度は接近戦で撮影。小型のC11ですがやはり生きている機関車は力強いです。

とまあ、これにて大井川の撮影を終えて帰路に着きますが・・・この後会社の飲み会があったのですが、家山を15:40分に出るとかなり厳しかったですね。

まあ、そんな所で本日は終わります。また、何かあったら報告します。

tag : SL 大井川

ついに大井川へ

今回の内容はタイトルを見てもらえれば判るが・・・大井川鉄道へと撮影に行ってきたのでその報告です。

まず、大井川鉄道とはJR東海道線の金谷駅から千頭(せんず)駅までを結ぶ大井川本線と千頭駅から井川駅までを結ぶ井川線の2線あり、どちらも非常に特徴を持った鉄道会社である。

今回、撮影を行ったのは大井川本線の方であるが・・・その前に井川線についても少しだけ説明をしておこうと思う。井川線の特徴はまずアプトいちしろ駅と長島ダム駅間にある90パーミル(1000m走ると90m上る)という鉄道にとっては果てしない急坂があるので日本国内では唯一のアプト式を使用した機関車を連結して運行していることこれが凄い所ですな。まあ、それにレール幅は1067㎜なのですが・・・車体はかなり小さい。その為、会社は同じでも直通運転は出来ずに千頭駅での乗り換えが必要になるのです。

さて、本題を本線に戻る事にする。まずはこの大井川本線の特徴は基本的に毎日SLが運行されているということ・・・。日本全国に数あるSL列車ですが、そのほとんどが休日だけや大型連休のみの運行だけの運行ですが・・・この大井川鉄道は基本的に毎日運転となります。ということで、この大井川のSLを撮影することにした。

まずは第一橋梁から撮影に入ることにした。
C11 190 (3) C11 190 (6)
本日の1001レはC11-190号機でした。ここまで来るのに意外と時間がかかってしまい・・・架線が思いっきりかかってしまったが・・・しかし、この190号機はお召仕様ということで・・・素晴らしいですな。それは仕方がないとして次の101レの撮影の為、移動を開始する。

次の101レは
C11 227 (4) C11 227 (7)
福用のお立ち台へと向かった。こちらはC11-227号機でした。やはりC11型機関車は小さいですな。

さて、再びこの101レを撮影するためにもう一度第一橋梁へと向かうことにする。
C11 227 (9) C11 227 (11)
今度は俯瞰撮影とした。SL単機での牽引数は客車4両程度だが、今回の客車は7両となっているので電気機関車の補機が付きました。

そして俯瞰撮影を終えた後で再び追いかけて田野口へと向かう。
C11 227 (13)
ここでは大井川らしく茶畑を入れながらの撮影を行いましたが、もう少しひきつければよかったかなと思うところである。

その後、SLを追いかけつつも本線終点の千頭駅まで到着し、そこにてしばし撮影する。
C11 190 (8) C11 227 (15)
C11 227 (16) C11 190 (10) 転車台
C11 190 (13) C11 190 (16) C11 190 (19)
やはり生きている機関車は素晴らしいです。しかも、駅構内に転車台を設けているという素晴らしい場所です。

そしてこの後は第四橋梁へと向かう。
C11 190 (21)
1004レは再びC11-190号機にての牽引です。この列車は金谷へと戻るのですが・・・ほとんどお客は乗っていませんでしたな。

次は駿河徳山付近へと向かうことにした。
C11 227 (19) C11 227 (20)
102レは俯瞰撮影とする。こちらは先ほどのC11-227号機です。この227号機は先ほども俯瞰撮影としてしまったのでもう一度追いかけて撮影することにした。

再び福用にて
C11 227 (21)
この場所は既に陽が当たらずにかなり厳しかったので・・・機関車を流すしかなかったですな。まあ、しかし、何とかなりましたが・・・・

さて、以前少しだけ撮影したものがあったので、それもついでにここで掲載することにする。

この時は普通列車も撮影
16000系
元近鉄の16000系を使用しての普通列車ですが・・・やはり2両というのが違和感ありですが、しかし、大井川の輸送能力としては十分です。

そしてメインは1004レ
C11 227 (24) C11 227 (27) C11 227 (31)
この時の牽引機もC11-227号機。この場所が一番大井川鉄道ぽい画になりますな。ここでC10型を撮影したかったですが・・・その後の102レ列車にて・・・
C10 8 (1)
C10-8号機が来た。日本にて唯一の機関車です。この8号機以外のC10型機関車はすべて廃車になり解体されているのでここに8号機が生きているということはすごいことである。

さて、これにて終わりにする。また、何かあったら報告します。

tag : 私鉄 C11 C10 大井川

プロフィール

高虎

Author:高虎
鉄道・城郭などをメインに書いていきたいと思います。
画像をクリックしますと拡大します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
現在時刻
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ヤフオク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
ユーザータグ

貨物 東海道線 EF66 EF65 甲種 EF200 DD51 EF64 神社仏閣 北斗星 北海道 イベント 城郭 東北 特大 ED79 富士・はやぶさ 寝台特急 あけぼの はまなす カシオペア サンライズ EF81 トワイライトエクスプレス EF510 DE10 東京 山口 現存天守 サッカー EF210 急行 SL 清水エスパルス 日本海 四国 私鉄 大井川 山陰 ラッセル 371系 青森県 新潟 寝台 キヤ DE15 北陸 広島県 D51 佐久間レールパーク 岳南鉄道 香川県 中央線 操車場 京成 高知県 清水 富山県 愛知県 シキ エスパルス 秋田県 柴又 埼玉県 銀河  トーマス 航空自衛隊 エアフェスタ 新潟県 兵庫県 山口県 キヤ95 郡上八幡 愛媛県 福井県 伊賀上野 お茶の水 能登 山形県 岩手県 なは・あかつき 大阪駅 夢空間 宮城県 大阪府 長野県 石川県 両国 江戸川 福島県 ゆとり踊り子 IVIS 200系 御殿場線 EF60 あさぎり ノロッコ 185系 弘前城 EH500 特急 371 四日市 C11 C10 ダイヤ 山陰本線 重連 EH200 改正 専用線 117系 トレイン117 HF S11 新幹線なるほど発見デー 115系 団体 CANON 東京メトロ GARNET CROW 靖国 鷲宮 たまゆら 長野 169系 高虎 トワイライト 機関区 DF200 ブルートレイン 京浜東北線 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。