FC2ブログ

日本で一番、駅に近い城

本日は、昨日のJR貨物広島公開イベントと竹原の「憧憬の路」でせっかく広島まで来ているので、去年のようにとんぼ返りではもったいないし体力も相当使ってしまうので・・・一泊して帰ることにしたのですが、せっかくですから少しだけ観光をしていくことにした。

ということで昨日の夜に竹原から福山市まで来ていました。

福山といえば福山通運・バラ。。。では無くて福山城ですね。

ということで福山城へと初登城。
IMG_4643.jpg IMG_4644.jpg IMG_4646.jpg
IMG_4658.jpg IMG_4659_20141116154215d4e.jpg IMG_4661_20141116154215b1d.jpg
IMG_4662_20141116154214339.jpg IMG_4664.jpg IMG_4668_20141116154338c88.jpg
IMG_4670.jpg IMG_4687_2014111615451111c.jpg IMG_4689_20141116154509e23.jpg
IMG_4692_2014111615462571b.jpg IMG_4695_20141116154624eee.jpg IMG_4697_201411161546238d9.jpg
IMG_4648_201411161540455d0.jpg IMG_4650.jpg
まあ、毎度のことながら内部は鉄筋コンクリート製の復元天守ですので博物館となっています。まあ、ここは潔く福山城博物館と名乗っているので清々しいですね。ということでこちらは内部撮影禁止となっていたので特にありませんが外観と天守最上階からの風景を撮影。

そして天守最上階には望楼がありそこから福山駅が手に取るように見えるので・・・今回は時間も良かったのでちょっとしたおまけの撮影も出来ました。
IMG_4651_201411161540432d0.jpg IMG_4653_2014111615421931b.jpg IMG_4655.jpg
N700系と500系。やはり500系は素晴らしいですね。東海道から引退してからも何度か撮影しているが・・・新幹線では右に出る物がないですな。
IMG_4673.jpg IMG_4690.jpg
IMG_4671_20141116154336fa9.jpg IMG_4676.jpg IMG_4677.jpg
IMG_4680.jpg IMG_4684.jpg IMG_4686.jpg
そして福山駅に向かい新幹線ホームからの撮影。新幹線ホームから撮影できる城郭もなかなかですね。しかも、JR東海なら在来線と新幹線ホームの入場券が別々に購入しなければならいのですが・・・福山駅では在来線と新幹線が共通で利用できるという素晴らしいシステムでした。

ということで、福山城登城を済ませて約8時間の帰宅の途に着きました。

tag : 神社仏閣 広島県

本州制覇へ 八日目<完>

8日目の本日はこの旅の最終日となります。昨日までは岡見貨物を追いかけ撮影を行いましたが・・・昨日の最後に5675レを追いかけて山口県内まで来たのは、この旅の前半にて抑えることのできなかったものを最終日にもう一度チャレンジしようと思い、山口まで戻ってきた次第である。まあ、これをやるよりは岡見貨物のDD51の方が早く廃止になりそうではあるが・・・山口県には何度も来れないのでこの際ですから「SLやまぐち号」を撮影することに。まあ、どちらにせよ本日の19時20分ごろまでには広島駅にいなければならいので・・・SLを撮影しないとしても、午前中の岡見貨物を撮影して移動を開始しないとどちらにせよ間に合わない時間なのですが・・・

まず「SLやまぐち号」の通過まで時間があるので・・・古熊神社へと向かうことに。
IMG_2652.jpg IMG_2655.jpg IMG_2656.jpg
この古熊神社は本殿、拝殿ともに国の重要文化財に指定されているものですが・・・なかなかこじんまりとした佇まいでした。こちらは「別名:天神様」と呼ばれているようで、これからもわかるように菅原道眞を祭っている神社でありました。

さて、これから撮影へと向かいたいと思う。
IMG_2660.jpg
まずは3日目にも撮影を行った周防下郷~上郷へと向かうことにした。前回はDD51の代走での撮影で同士が集まっていたので少し早めにポジション取りに行き、見事1番乗りを果たし前回とは逆サイドを抑えることが出来た。
IMG_2668.jpg IMG_2675.jpg IMG_2677.jpg
C57-1号機やまぐち号。ついに捕らえることのできた「SLやまぐち号」このやまぐち号を牽引するC57は通称:貴婦人と呼ばれるほど素晴らしいスタイルの蒸気機関車である。現在C57が活躍しているのはJR東日本の「ばんえつ物語号」とこの「やまぐち号」であり、しかもこのやまぐち号は1号機(トップナンバー)を使用というともあり、JR西日本の日頃の整備の賜物であり、誠にありがたいものです。しかし、SL牽引はやはり迫力がありますな。DL牽引とは格が違うものでありました。そして最終的に本日のこの場所での撮影者は自分一人でした。

ここでの撮影の後は再び長門峡へと向かうことにする。やはり、SL撮影は煙を撮らなければならないですので、確実に煙を吐いてくれ尚且つ爆煙となる長門峡へと向かうのは当然である。
IMG_2684.jpg
最初の撮影地から長門峡へと来るまでに余裕で抜かすことが出来るので、長門峡ではいろいろ撮影場所を探してみたが・・・やはりSL素人の自分は前回と同じ画を求めてしまい、結局同じ画になってしまったが・・・やはりここでもDLとSLの違いをマジマジとそしてハッキリと感じさせられた。
IMG_2699.jpg IMG_2714.jpg IMG_2723.jpg
IMG_2730.jpg IMG_2739.jpg IMG_2740.jpg
長門峡駅を出たC57は警笛を山中に響かせ、激しい爆煙を残しつつゆっくりと向かってくるのですが・・・もう迫ってくる音から向こうに見える煙やらでそこに来る前から期待感を持たせてくれる力。そして近づいてきたときの石炭の匂い。素晴らしすぎる。ここまでで僅か2回撮影しただけだが・・・すでにヤられてしまっているのがわかるほどにキテいました。

そして再び移動し、本来であれば「通称:白井の里」へと向かい撮影を行い所であったが・・・失敗を恐れてしまい、向かった先は前回と同じ場所。
IMG_2742.jpg IMG_2743.jpg IMG_2744.jpg
結局はこの場所で、こんな感じになってしまった。これなら無理してでも他の場所で撮影を行えばよかったと思いながら、津和野の街中へと向かうことにした。

まずは津和野の街へ出る前に駅へと向かう。
IMG_2747.jpg IMG_2748.jpg
IMG_2749.jpg IMG_2752.jpg
SLは一度駅に入線し、乗客を降ろした後に客車を使用していない留置線に入れてから機関車は方向転換のために転車台へ向けて回送を始めるが、その前に前回訪れた際に行かなかったところが一か所だけ残っていたので、そこへ向かうことにした。
前日に温泉津にてわかったことであるが・・・「男はつらいよ第13作寅次郎恋やつれ」にて歌子を演じる吉永小百合さんの旦那の故郷という設定にて使われたのが、この津和野であり、撮影に使われた場所が街中にあるのでそちらへ行ってみた。
IMG_2753.jpg IMG_2754.jpg IMG_2756.jpg
IMG_2759.jpg IMG_2760.jpg IMG_2763.jpg
IMG_2768.jpg IMG_2771.jpg IMG_2775.jpg
劇中にも堀川を鯉が泳ぎ、まさしくこの場所である。現在は養老館(展示場)として使用されているのだが・・・確かこの場所は図書館という設定になっており、そこに勤めていた歌子は寅さんと身の上話をしながらバス停まで送り届けるというシーンであったと思うが・・・この街並みの中で寅さんと歌子の雰囲気は絶妙なものであった。

さて、周辺の街並みを撮影してから本題である転車台へと向かうことにした。

SLは通常、この転車台が無いと方向転換が出来ないので、このような施設がない場合は逆向き運転となるか補助機関車により運転されるかのどちらかとなり、雰囲気的には今一つの画となってしまうが、このSLやまぐち号は津和野にて方向転換を行い、整備されて再び先頭に立ち、新山口駅まで戻るのである。
IMG_2777.jpg IMG_2779.jpg IMG_2781.jpg
IMG_2785.jpg IMG_2786.jpg IMG_2787.jpg
IMG_2788.jpg IMG_2792.jpg IMG_2793.jpg
本当は転車台を回るSLを見たかったのだが・・・この後の撮影上、ここにてあまり時間を使うことはできないので転車台が回るところは見ることはできなかったが、上り列車に備えて整備している姿をこんな至近距離で見ることが出来たのは本当に素晴らしかった。しかし、SLの運行は大変なものです。このC57-1号機という素晴らしい機関車が走り続けられているということは機関士さんたちが整備を怠らずにしてくれているからであるので、誠にありがたいものです。

転車台周辺での撮影を終えて、これから上り列車の撮影地へと向かうことにした。

流石に復路までも同じポジションで撮影するのはちと勿体なので、少しだけ場所を変えることにした。

その前に、向かいの山に津和野城の石垣が見えたので撮影。
IMG_2794.jpg IMG_2796.jpg
まずは津和野駅からほど近い場所にて撮影することにする。

ここは街中からも近い上に必ず爆煙になる場所として有名な場所である。流石に超有名撮影地とだけあり、通過時刻の1時間以上前に到着したにもかかわらず、既に2名の同士がスタンバイ完了の状況であり、凄さを感じながらもそこの3人目となり撮影体制に入ることにする。本日は平日ということもあり、最終的に集まったのは5名ほどでしたが、平日の昼間に5名も集まること自体が凄いです。
IMG_2801.jpg
そして、上りのSLやまぐち号が定時にやってきました。
IMG_2811.jpg IMG_2819.jpg IMG_2824.jpg
IMG_2829.jpg IMG_2835.jpg IMG_2839.jpg
遠くに見える津和野の街中から煙が上がり、やがてこちらへと走ってくるSLに否が応でも期待値はMAXとなり、撮影ポイントへと差し掛かかる前にSLの方は既に爆煙にて登坂。そしてドラフト音を響かせながら迫ってくるその様は堂々たる走りを披露してくれました。やはりSLといえばこの爆煙のシーンですが・、やはり撮影する側にとってもこの条件が一番ですな。

この後は、再びSLを追いかけます。この後、渡川~長門峡間にて俯瞰撮影を行いたかったのですが・・・現地は激パ状態で・・・微妙なポジションしかないのは明らかだったので、安全に撮影出来そうな長門峡駅の手前にて抑えることにした。
IMG_2847.jpg IMG_2848.jpg IMG_2852.jpg
しかし、到着とSLの接近が思っていたよりも迫っていたので・・・あまり良い画は撮れなかった。まあ、これはこれでありということにして・・・

ここから一気に山口市内へと戻ることにする。本来は途中の篠目あたりで撮影を行いたかったのですが・・・先ほどの二の舞となるのは避けたいので再び大歳~仁保津間へと向かうことにした。

このポジションへはSLよりも断然早く到着し、撮影準備に入ることが出来た。そしてまずは
IMG_2858.jpg
キハ187系から撮影。光の加減もバッチリです。
IMG_2863.jpg IMG_2874.jpg IMG_2875.jpg
その後、やまぐち号を撮影。本来は無煙にて通過する場所ですが、本日は少々遅れていたせいか若干煙を吐きながら快走してゆきました。

この撮影をもって今回の旅での撮影は終了となりました。ここからレンタカーにて広島駅まで戻り、レンタカーの返却を行い、新幹線にて帰路に着くのですが・・・広島で乗車する新幹線はのぞみ188号発車時間は19:28発ですが・・・山口県の最後の撮影地を出たのが17時を少し過ぎたころでありなんとか到着する時間での設定でしたが・・・広島市内での大渋滞ハマりかなり焦ったがギリギリ19時20分に広島駅に到着。レンタカーを返却し、急いで新幹線ホームへと駆け上がり滑り込みセーフ。本当は広島駅にて買い物をしたかったのですが、今回は出来ずに何も買えずに車内へと入りました。そして現在は「のぞみ」と「ひかり」しか行っていない車内販売にて駅弁でも購入しようと思ったが、やはりこの時間帯では弁当系はすべて売り切れということで、結局何も買えないまま終わってしまいました。

これにて今回の本州制覇の旅は終了になります。今回は山口県を制覇することが出来ましたので・・・日本未到達地は残すところ「鹿児島県」だけとなりました。最後の最後にて残るところが残ってしまったという感じです。しかし、今回はSLの故障からDD51での代走。そしてついに撮影出来た岡見貨物の美祢線と山口線・山陰本線。そして日本最大のカルスト台地に秋芳洞。明治維新歴史の城下町 萩。そして山陰の温泉津、山間の小京都「津和野」。今回は8日間という長い旅でしたが・・・なかなか有意義な旅となりましたが、唯一、失敗したところは2日目にて門司港駅まで行っておきながら「SUGOCA」を購入し忘れているということである。まあ、それくらいで良かったです。

また、日常的な撮影となりますが・・・何かあったら報告します。

tag : SL 山口県 神社仏閣

本州制覇へ 七日目

さて、本日7日目も昨日に引き続き、岡見貨物の撮影を行うことにする。岡見貨物は平日のみの運転であるが、その日の運転があるかどうかはその日にならなければわかれないので、なるべく早く抑えるために昨日と同じ場所にて撮影を開始することにした。

まずは先行の普通列車から撮影するのだが、相変わらずこの場所は激パ状態でした。これだけ人が集まっているので本日も運転があるのだろうと確信しながら撮影する。
IMG_2446.jpg
キハ40系。昨日は朱色でしたが、今日は広島色でした。これはこれで良しとしましょう。

そして本命の5675レ
IMG_2451.jpg IMG_2453.jpg IMG_2459.jpg
本日の牽引機はDD51-833+DD51-835でした。今回は833にも縁があります。まあ、こちらも美祢線内と山口線内という違いがあるので全く問題ないのですが・・・兎に角素晴らしい。しかし、本日は天気がいまいちでした。

そしてこの列車を撮影した後は益田駅へと向かい5675レ~5582レの撮影。
IMG_2463.jpg IMG_2469.jpg
IMG_2465.jpg IMG_2466.jpg
ここでも昨日と全く同じだが、撮影を行うことにする。平日限定とはいえこの貨物が走るこの地域が羨ましいものです。

この後からは山陰本線内になるのですが・・・あまり撮影地を選定していなかったので、昨日のうちに周りたいところはすべて回ってしまっていた(本当はもっとあったのですが・・・撮影ポイントが全然わからなかった。)ので青浦鉄橋へと向かうことにした。
IMG_2470.jpg
昨日撮影した青浦鉄橋は重単回送のみでしたので本日は荷も入れての撮影行うことにした。そして昨日とはアングルを変えて

まずは普通列車を撮影。
IMG_2474.jpg
キハ120系。やっぱり良い。本日はこの青浦鉄橋に自分一人だけという貸切状態になったのですが・・・しかし、この青浦鉄橋は昨日も書いたように虫たちがたくさん生息している藪の中での撮影となるので、そちらの方面での危険との戦いになりました。自分しか居なので、すべての虫たちは自分によって来るわけで・・・しかも蜂さんが大軍で押し寄せてくれてしまい・・・貨物通過まで通過列車を撮影しながら時間をつぶそうと思っていましたが・・・それも出来ずに貨物通過直前まで逃げ回っていました。

そして貨物通過の直前に意を決し、再び藪へと突入し本命の5582レ
IMG_2501.jpg IMG_2509.jpg IMG_2511.jpg
IMG_2515.jpg IMG_2516.jpg IMG_2517.jpg
やっぱりこの画です。本当はもっと晴れていればよかったのですが・・・なに、そんなことは関係ないといわんばかりの画力です。なんとか、蜂さんたちの襲来を免れ、撮影終了後一目散に撤収。これにて今回の旅での青浦鉄橋で撮影は終了・・・
IMG_2518.jpg IMG_2519.jpg
IMG_2528.jpg IMG_2529.jpg IMG_2530.jpg
この後の作戦を岡見駅を見ながら立てることにした。この岡見駅舎もなかなか乙な感じですな。
IMG_2527.jpg
岡見駅を鑑賞しつつ検討したのちに三隅火力発電所へと向かうことにする。
この三隅発電所は手前部分に多目的施設になっているので一般の方も入ることが出来、ここでも撮影することが出来る。
IMG_2522.jpg IMG_2523.jpg IMG_2525.jpg
発電所の中では貨車の切り離しと重単の準備が進められていました。ここからは先ほど次位だったDD51-835が先頭に立ちます。ここで出発までいてもよかったのですが・・・せっかくなので岡見駅の東側にある山陰本線の旧線(現在は三隅火力発電所へと続く専用線)と新線との分岐へと行ってみることにする。
IMG_2531.jpg IMG_2534.jpg
奥の古い方が旧線で、手前の新しい方が新線となっているのであるが、この路線の変更はこの地に三隅発電所が出来ることから経路変更が行われた。岡見貨物がもし走っていなかった場合はこの旧線は使用されていないであろうから、それだけでも素晴らしいことです。

単5361レを待つ間に通過したスーパーおきを撮影。
IMG_2535.jpg IMG_2537.jpg
キハ187系2両編成。岡見駅は通過駅なため、それなりの速度にて通過していった。

そして本命の単5361レを撮影することにする。
IMG_2540.jpg IMG_2542.jpg IMG_2543.jpg
IMG_2547.jpg IMG_2550.jpg IMG_2552.jpg
岡見駅から三隅発電所までは専用線の為、ちゃんと発電所の作業員の方が旗による誘導を行っていた。そして重単はゆっくりと岡見駅構内へと進んでいった。近くで見る重連はやはり迫力があります。

そしてここから追いかけるのは時間的に厳しいので再び5583レを撮影するまで少しばかり鉄道撮影から離れ、温泉津へと向かうことにした。

この温泉津(ゆのつ)は「男はつらいよ第13作寅次郎恋やつれ」にて出て来るシーンを探しに行ってきました。どこに映画のシーンがあるのか判らなかったので、とりあえず温泉津温泉観光案内所へと向かい伺ってみることにすると・・・案内所の中に13作のVHSがあり、それを案内所の方と見て確認してみることにした。
今回の13作のマドンナは吉永小百合さんであるが、この吉永さんは劇中では温泉津ではなく津和野に住んでいるという設定であり、この温泉津での撮影シーンは前半部分だけということが判明し・・・その部分だけを教えてもらい、探してみることにした。
IMG_2561.jpg IMG_2567.jpg IMG_2568.jpg
IMG_2569.jpg IMG_2570.jpg IMG_2571.jpg
IMG_2572.jpg IMG_2574.jpg IMG_2575.jpg
IMG_2576.jpg IMG_2577.jpg IMG_2579.jpg
IMG_2580.jpg IMG_2581.jpg IMG_2583.jpg
IMG_2584.jpg IMG_2586.jpg IMG_2587.jpg
ここからは映画本編を見てもらえばわかるが・・・説明が面倒なので写真だけ掲載したいと思う。

さて、温泉津にて街並み探訪を終えてから再び岡見貨物の撮影へと戻ることにする。

温泉津から戻ってくる時間が少し遅くなり、岡見駅付近での俯瞰撮影を行うことにする。
IMG_2590.jpg IMG_2591.jpg IMG_2594.jpg
IMG_2598.jpg IMG_2600.jpg IMG_2604.jpg
5583レ。この付近も草が多く生えており、撮影するのにもなかなか困難でしたが・・・なんとか撮れそうなスペースがあったのでそこから撮影を行った。

岡見駅で発車を撮影したので、この後の山陰本線内での撮影は追いつけないので、この後山口県まで追いかけて撮影を行うことにしたが・・・時間が時間なので太陽(光)の時間を加味して、撮影出来そうなギリギリでありそうな「徳佐」まで行くことにした。

岡見からこの徳佐まで約60キロをひたすら南下し、昨日撮影した青原付近にて貨物を抜くことが出来、時間的に若干の余裕を得て、徳佐へと向かった。
IMG_2618.jpg IMG_2621.jpg IMG_2625.jpg
IMG_2628.jpg IMG_2630.jpg IMG_2632.jpg
5675レ。山口線内にて撮影を行ったが、やはりここら辺が走行写真を撮るギリギリの場所であったようだ。徳佐駅の手前で撮影したが、この後列車は徳佐駅にて若干の停車時間があるので、徳佐出発まで撮影することにした。
IMG_2640.jpg IMG_2643.jpg
徳佐駅出発を撮影したが・・・すでに陽は完全に落ち、普通には撮影出来なかったので少し流しながら撮影を行う。

この徳佐での撮影をもって本日7日目を終わることにした。明日は、山口線でリベンジと行きたいところである。

tag : 貨物 DD51 神社仏閣

本州制覇へ 五日目

本日5日目は昨日に引き続き美祢線の撮影を行う。本日は午前中の便から運行されているので、まるまる一日撮影出来ます。

さて、まず本日の撮影地は事前に決めていた場所へと向かいます。今回の場所は厚保~四郎ヶ原間にての撮影を行いました。
IMG_2172.jpg IMG_2176.jpg IMG_2180.jpg
IMG_2184.jpg IMG_2186.jpg IMG_2189.jpg
5687レ。DD51-750号機でした。やはりこの美祢・岡見貨物DD51の国鉄色100パーセントという素晴らしい環境に感服させられます。そして朝からこの素晴らしい環境にて撮影出来ている事に感動させられますね。

その後、途中で追いつくことは出来ずに美祢駅にて捕まえるのが精一杯でした。
IMG_2193.jpg IMG_2195.jpg
美祢駅に着いた5687レは少しの間駅に停まり、その後、貨物ヤードへと向かいます。意外といい画が撮れる駅の作りになっています。この時は入れ替え灯にして出発していきます。
IMG_2198.jpg IMG_2201.jpg
そして貨物ヤードにて宇部興産のスイッチャ―へとバトンタッチし、ヤードから工場へと向かう道中を撮影した。本当は受け渡しも撮影したかったのですが・・・この専用線の撮影地を選定していなかったので、そこを探しているうちに時間が迫ってきてしまい・・・結局この場所から撮影。

その後、ヤードに残っているDD51は厚狭へと単機回送を行う為、別の撮影地へ。
IMG_2208.jpg IMG_2212.jpg
単973レ。本来はここでも荷のある列車を撮影したかったが・・・毎日一往復しかないため、この単機回送を利用して色々な撮影地を堪能しました。

その後、この厚狭から戻ってくる単機回送までに時間があるので防府へ向かうことにした。

防府では
IMG_2225.jpg IMG_2226.jpg IMG_2223.jpg
IMG_2221.jpg IMG_2215.jpg IMG_2218.jpg
防府天満宮へ。日本の三大天満宮の一つとされているものであり、これにて三大天満宮を制覇することが出来ました。ちなみに残りの2社は「京都の北野天満宮」「福岡の太宰府天満宮」です。いやー規模は大宰府が一番ですな。

その後、防府にてもう一か所向かうことにする。

毛利氏庭園へと向かう。
IMG_2232.jpg IMG_2234.jpg IMG_2236.jpg
IMG_2240.jpg IMG_2241.jpg IMG_2243.jpg
IMG_2245.jpg IMG_2249.jpg IMG_2251.jpg
毛利氏庭園には10棟60部屋から成るヒノキ造りの木造瓦葺き。軒唐破風付きの車寄せや格天井の広間などの書院造を踏襲した和風建築であるが、シャンデリアの電灯を備え、椅子とテーブルを備えた絨毯敷きの応接室もある。屋内外の電灯に供給される電力は、海外から輸入した電灯用ガス機関による発電機によるもので、日中に発電機を稼働させて蓄電し、夜に電気を利用していた。

今回は、邸宅内に入る時間的余裕はなかったので庭園のみを回遊して終わりとなりました。
さて、これにて再び美祢線へと戻ることにする。

再び美祢線へと戻り本当はDD51の単機回送をと思ったが、ここは宇部興産の専用線を撮影する事にする。

しかし、宇部興産の工場から出て来る時間が判っているわけではないので、工場前にて張り込みです。
IMG_2254.jpg IMG_2259.jpg IMG_2261.jpg
そして出てきたところを抑えてみたが・・・イマイチな画となりました。まあ、こういうこともあると言い聞かせつつ・・・午後の5686レの撮影のために再び移動を開始することにする。

美祢線本日ラストの撮影は
南大峰~四郎ヶ原間での撮影としました。本当はもっと良い場所で撮影したかったのですが・・・あらかじめ地図で見ていた場所へ行ったところ下草がわんさか生えており、撮影には向かなかったので急遽こちらへと場所変えを行った。この場所は後追いの方が良い画となったので・・・下りの方が圧倒的に良い画が撮れそうです。
IMG_2269.jpg IMG_2271.jpg IMG_2272.jpg
IMG_2264.jpg IMG_2266.jpg
この5686レの牽引機はDD51-756号機でした。やはり国鉄色は素晴らしい。しかも、ここにて旋回窓付きの756号機が来てくれるとは思いもしませんでした。最高です。今回は怪我の功名ですが・・・このポジションで釜メインに撮影できて良かった。

その後、昨日に引き続き厚狭まで追いかけ撮影を行ったが、これといっていいものは撮れなかったので、割愛として、本日5日目を終了したいと思う。

そしてこれにて美祢線での撮影を終了させ、ここから一気に益田市へと向かうことにする。また来る日までこの美祢線の貨物には100%国鉄色のDD51にて頑張ってもらいたいものだ・・・

tag : 貨物 DD51 神社仏閣 山口 専用線

本州制覇へ 三日目

さて、本日も新山口の拠点からスタートします。予定では昨日に引き続き「SLやまぐち号」の撮影の予定でしたが、昨日はSLの不具合によりデーゼル機関車に変更しての運行となっていました。そして期待はしていなかったが、本日のSLやまぐち号の状況を新山口駅へと聞きに行ったが・・・

JR西日本新山口駅の駅員さんの話によると本日もディーゼル機関車による牽引にて運行するということでした。しかし、昨日の段階で山口市の主要な所は周っていたので、本日は予定通りSLやまぐち号に変わりDLやまぐち号を撮影することにした。

まずは下関総合車両所新山口支所をチラ見していきましたが、こちらには
IMG_1726.jpg IMG_1727.jpg IMG_1729.jpg
IMG_1730.jpg IMG_1731.jpg IMG_1732.jpg
ここの主となる「やまぐち号」の12系客車を撮影。やはり特徴的な展望車をメインに・・・この客車は外見からは判らないが、各客車ごとにテーマがあり欧風・明治・大正・昭和風という内装になっている。

その後はかつて小郡機関区だった名残を見て取る事が出来る場所へ。
IMG_1733.jpg IMG_1734.jpg
SLが運行されていた時には扇形庫が存在していたようだが解体されており、現在は転車台や車両の留置スペースだけが残されており現在は気動車や客車が留置されている。その中には貴重な12系国鉄色のスハフ12もおり素晴らしいものです。

さてその後は
IMG_1737.jpg IMG_1746.jpg IMG_1748.jpg
DLやまぐち号を撮影するために撮影地へと向かうことにした。まずは周防下郷~上郷の撮影地へ向かったが・・・すでに先客がいらっしゃり、日の当たるサイド側は既にいっぱいでした。しかし、地元民にとってはSL牽引よりはDL牽引の方が珍しいのでしょうか?本日の牽引機はDD51-1043号機。牽引機は昨日と同じでしたがやはりJR西日本の所有するDD51は綺麗ですな。

その後は超有名撮影地へと先回り。
IMG_1755.jpg IMG_1759.jpg
IMG_1762.jpg IMG_1765.jpg IMG_1766.jpg
先ほどの撮影地から無理をせずに追い越せるのがこの列車の良い所である。そして次の撮影地は長門峡(ちょうもんきょう)です。ここはSL牽引時なら爆煙が確実に撮れる場所な上、駅から近いためこのお立ち台はかなりの有名な場所となっております。しかし、本日はDL牽引ということもあり煙の方は期待できないが、順光にて撮影できる素晴らしい場所であります。

下りのラストは終点津和野付近にて。
IMG_1773.jpg IMG_1775.jpg IMG_1777.jpg
この場所は上り列車の有名撮影地の近くでの撮影ですが、下り列車を撮影。稲穂に台車部分が隠れてしまうがそれはそれで良い画になります。この場所を過ぎると「やまぐち号」は津和野駅に入ります。

そして、これにて沿線の撮影を終えて津和野駅へと向かう。
IMG_1784.jpg IMG_1790.jpg
IMG_1800.jpg IMG_1805.jpg
IMG_1823.jpg IMG_1791.jpg IMG_1815.jpg
津和野駅。「山陰の小京都」と称される観光の町でもある津和野の玄関口であります。まあ、津和野にて観光にて見ておきたい所といえば例のあの場所ですが・・・鉄道的には転車台(ターンテーブル)ですが、本日はDD51の牽引ということもあり、転車台を使わなくても方向転換が出来てしまうので3番線に到着した列車を1番線へと入れたのちに、釜のみ付け替えるだけというものです。本来SL牽引ならば転車台を使い方向転換と整備を行うのですが・・・

返しの列車までには時間があるので津和野の観光と洒落込みます。
まずは太皷谷稲成神社へと向かう。
IMG_1824.jpg IMG_1826.jpg IMG_1827.jpg
IMG_1832.jpg IMG_1834.jpg IMG_1835.jpg
IMG_1842.jpg IMG_1844.jpg IMG_1846.jpg
津和野といえばまずここではないでしょうか。
IMG_1838.jpg
この太鼓谷稲荷から俯瞰撮影をしてみました。なかなか良かったのです。

その後、新山口駅行の上りDLやまぐち号を撮影するために撮影地へと向かいました。本当は、この他にも津和野には行っておかなければならない場所もあったのですが、時間の都合にて行けませんでした。リベンジあるのみです。

上りの一発目は
IMG_1853.jpg IMG_1863.jpg IMG_1871.jpg
渡川~長門峡間にて撮影を行いました。ここでも俯瞰撮影を行いました。この場所も、通過の40分くらい前に到着したのですが・・・既に激パでした。やはり同志たちは侮れないな。

そして本日のラストは大歳~仁保津間にて撮影。
IMG_1874.jpg IMG_1880.jpg
最後は直線にて撮影ですが、素晴らしいですな。これにて本日のDLやまぐち号の撮影を終了し新山口駅にて撮影をしてみる。
IMG_1887.jpg IMG_1891.jpg IMG_1892.jpg
IMG_1894.jpg IMG_1896.jpg IMG_1898.jpg
IMG_1900.jpg IMG_1904.jpg IMG_1905.jpg
IMG_1912.jpg IMG_1916.jpg IMG_1917.jpg
IMG_1918.jpg IMG_1919.jpg IMG_1920.jpg
新山口駅もやはり鉄道の要所でもあるため、大きい駅でした。

本日はこの辺りにて終わりにします。明日からは山口の貨物を撮影しようと思う。SLでなくても素晴らしかった。

tag : 神社仏閣 山口 DD51

プロフィール

高虎

Author:高虎
鉄道・城郭などをメインに書いていきたいと思います。
画像をクリックしますと拡大します。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
現在時刻
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ヤフオク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
ユーザータグ

貨物 東海道線 EF66 EF65 甲種 EF200 DD51 EF64 神社仏閣 北斗星 北海道 イベント 城郭 東北 特大 ED79 富士・はやぶさ 寝台特急 あけぼの はまなす カシオペア サンライズ EF81 トワイライトエクスプレス EF510 DE10 東京 山口 現存天守 サッカー EF210 急行 SL 清水エスパルス 日本海 四国 私鉄 大井川 山陰 ラッセル 371系 青森県 新潟 寝台 キヤ DE15 北陸 広島県 D51 佐久間レールパーク 岳南鉄道 香川県 中央線 操車場 京成 高知県 清水 富山県 愛知県 シキ エスパルス 秋田県 柴又 埼玉県 銀河  トーマス 航空自衛隊 エアフェスタ 新潟県 兵庫県 山口県 キヤ95 郡上八幡 愛媛県 福井県 伊賀上野 お茶の水 能登 山形県 岩手県 なは・あかつき 大阪駅 夢空間 宮城県 大阪府 長野県 石川県 両国 江戸川 福島県 ゆとり踊り子 IVIS 200系 御殿場線 EF60 あさぎり ノロッコ 185系 弘前城 EH500 特急 371 四日市 C11 C10 ダイヤ 山陰本線 重連 EH200 改正 専用線 117系 トレイン117 HF S11 新幹線なるほど発見デー 115系 団体 CANON 東京メトロ GARNET CROW 靖国 鷲宮 たまゆら 長野 169系 高虎 トワイライト 機関区 DF200 ブルートレイン 京浜東北線 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア