スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国現存天守めぐり 第二日

さて、二日目。天気予報では雨になるという予報。

昨日の予定では本日の朝、高知駅を見に行くと思っていたのですが・・・やはり早く起きれなかった。昨日の夜に撮影しておいてよかった。

朝は、高知駅全体と高知駅前通りを撮影する
高知駅 (21) 高知駅前
南国ということだけあり街路樹が違います。

ちなみに本日の本来の行程は

高知→四万十川川下り→金剛福寺→足摺岬→宇和島→宇和島(泊)

でしたが・・・昨日のキャンセルがありそれを少しでも取り戻すことにした。

高知→桂浜→四万十川川下り→金剛福寺→足摺岬→宇和島→宇和島(泊)

まずは、昨日のキャンセルとなった「桂浜」に行くことにした。そしたらなんと駐車場が無料になっていた。どうも、時間帯により無料になっているようだ。渋滞も無いし駐車料金もタダ。なんとも良い時間に来ました。
坂本竜馬 桂浜 (3) 桂浜 (7)
桂浜と言ったらまずは「坂本竜馬」です。この像は戦時中の物資難の時代にも徴収されなかった極めて貴重なものです。そしてこの弓なりの浜はおなじみです。そして土佐といったら土佐犬。桂浜のところには「闘犬センター」という土佐犬が見られるところまであります。

そしてここから、最後の清流といわれる「四万十川」へと向かいます。
四万十川 (2) 四万十川 (14)
四万十川 (16) 四万十川 沈下橋
桂浜から四万十川へと向かう道中に雨が降り始め、四万十川川下り最中もパラパラと降っていた。けれど本降りという時が移動時間だったのが幸いでした。

そして四万十川といえば川下り。ということで乗船してみましたが、なかなか良いものですな。
そして四万十川の見どころの一つでもある「沈下橋」も見てきました。いやー、なかなか見ることができない橋ですな。

ここから、金剛福寺へと向かう。
金剛福寺 金剛福寺 (9) 金剛福寺 (6)
四国といえば八十八か所のお遍路ですが、今回は、三十八番の金剛福寺のみ参拝となりました。金剛福寺は四国霊場の中でも離れている場所にある行きにくい寺ですが、ここはどうも土佐藩主の山内家が結構関与しているみたいです。いたるところに家紋が入っています。

そして、足摺岬に向かいます。
ジョン万次郎 足摺岬 (2)
足摺岬 (6) 白山洞門
土佐ではジョン万次郎もいますね。そして足摺岬です。なかなか素晴らしい四国最南端です。そして足摺岬の近くに白山洞門という海蝕洞があります。本来はこの近くまで遊歩道がありまじかで見ることができるのですが、今回は木の間から微妙な撮影で終わりということにしました。

金剛福寺と足摺岬・白山洞門は近くにあります。

この白山洞門を最後に高知県を終わり、愛媛県に入り「宇和島」で宿泊となりました。

これにて二日目終わり。三日目へ
スポンサーサイト

tag : 四国 神社仏閣 高知県

四国現存天守めぐり 第一日

今年のGWは四国へと行ってきた。以前にも四国(愛媛・香川・徳島)には行っているのだが・・・少ししか見ていないので今回はほぼ完全制覇という形で挑んだ。

今回、なぜ四国かというと、最初の予定ではETC搭載で「休日特別割引」が適応されるため「新潟・佐渡島」の予定であったが・・・なんと、佐渡島内のレンタカーが手配できなかったので、キャンセルとなり。そこで第二候補の「高知」となりました。

まずは行程を書いておきたいと思う。

自宅→約8時間→「龍河洞」→「桂浜」→「高知城・高知散策」→宿泊

という感じである。

さて、移動開始はAM0:30分。車に乗り込み一路、高知へ。

しかし、この時点で東名高速で事故渋滞が2か所。移動のピークは昨日であるとニュースで伝えていたので、まあ、少しくらいは遅れても10時くらいには第一目的地に到着できるであろうと見ていたが・・・



考えが甘かった。


高速道路1000円の力は素晴らしく。



いろいろな場所で渋滞につかまり。



結局、高知ICに到着したのがPM3時。正味14時間半ぐらいかかってしまった。(料金は休日割引1000円と瀬戸大橋通行料1000円と大阪圏の1100円で3100円であった。)


なので本日の予定はめちゃくちゃになり、第一目的地の龍河洞と第二目的地の桂浜はキャンセルとなり、いきなり高知市内に突入。

まずは、車をホテルに置いて、市内散策に出かける。

高知は「土佐電鉄」が走っている(路面電車)路面電車が走っている街は結構うらやましい。

土佐電鉄 (3) 土佐電鉄 (5)
まずは、ホテルから見えた路面電車を一枚。この日は「土佐電鉄 電車祭り」みたいなものをやっていたらしく、ポルトガルから来た車両を偶然見ることができた。運転台はポルトガル車両ものではない。

そして、土佐電鉄に乗り、本来は第三目的地の「高知城」に向かった。

高知城は以前NHK大河ドラマ「功名が辻」で取り上げられた、内助の功で有名な千代の夫である山内一豊の城郭である。現存天守4つをめぐる最初の1つ目である。
高知城 (20) 高知城 (24) 高知城 (3)
本日は、この高知城をめぐるだけで精一杯でした。これも、東名で事故を起こしやがった大馬鹿野郎のおかげです。

そしてこの後、高知と言ったら「三大がっかり名所」として名高い「はりまや橋」に向かいました。
はりまや橋
実際の感じは現地に行き、見てみましょう。どのように感じるかは人それぞれです。

この後、高知で晩御飯を取りに行きました。
高知といえば一番に「鰹」ですが・・・あいにく私は鰹が食べられない。

そこで、「ウツボ」を食してみた。
うつぼたたき うつぼ唐揚げ 四万十川エビ
ウツボのたたき       ウツボのから揚げ    四万十川 川エビ

どちらかといえば、から揚げのほうがうまい。川エビも勿論うまい。
この他にも、じゃこ天等なかなかうまいものが多い。

そして、土産物を見てからホテルに戻り終わる。

本来は、明日の朝に高知駅へ行こうと思っていたのだが・・・起きれないと困るので、この日のうちに散策に行った。
土佐電鉄 (13) 高知駅 (5) 高知駅 (8)
土佐電鉄           高知駅             高知構内
高知駅 (3) 高知駅 (15) 高知駅 (12)
特急しまんと         特急南風          キハ32

高知はアンパンマンの作者の出身地らしくいろいろな所にアンパンマンがいる。そしてそれは駅も同じであり、高知駅の列車接近音はアンパンマンのテーマ?みたいなものが流れ車体にも描かれている。特急には内装もアンパンマンという激しいものまで・・・

動画も載せてみる。画質は最悪ですが・・・我が地元ではなかなか見ることができない気動車です。通過後の排気ガスがたまらない。



これで本日1日目はこれにてお終い。2日目へ

tag : 四国 現存天守 神社仏閣 城郭 私鉄 高知県

プロフィール

高虎

Author:高虎
鉄道・城郭などをメインに書いていきたいと思います。
画像をクリックしますと拡大します。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
現在時刻
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ヤフオク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
ユーザータグ

貨物 東海道線 EF66 EF65 甲種 EF200 DD51 EF64 神社仏閣 北斗星 北海道 イベント 城郭 東北 特大 ED79 富士・はやぶさ 寝台特急 あけぼの はまなす カシオペア サンライズ EF81 トワイライトエクスプレス EF510 DE10 東京 山口 現存天守 サッカー EF210 急行 SL 清水エスパルス 日本海 四国 私鉄 大井川 山陰 ラッセル 371系 青森県 新潟 寝台 キヤ DE15 北陸 広島県 D51 佐久間レールパーク 岳南鉄道 香川県 中央線 操車場 京成 高知県 清水 富山県 愛知県 シキ エスパルス 秋田県 柴又 埼玉県 銀河  トーマス 航空自衛隊 エアフェスタ 新潟県 兵庫県 山口県 キヤ95 郡上八幡 愛媛県 福井県 伊賀上野 お茶の水 能登 山形県 岩手県 なは・あかつき 大阪駅 夢空間 宮城県 大阪府 長野県 石川県 両国 江戸川 福島県 ゆとり踊り子 IVIS 200系 御殿場線 EF60 あさぎり ノロッコ 185系 弘前城 EH500 特急 371 四日市 C11 C10 ダイヤ 山陰本線 重連 EH200 改正 専用線 117系 トレイン117 HF S11 新幹線なるほど発見デー 115系 団体 CANON 東京メトロ GARNET CROW 靖国 鷲宮 たまゆら 長野 169系 高虎 トワイライト 機関区 DF200 ブルートレイン 京浜東北線 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。