スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SLの聖地

本日は、蒸気の聖地である「大井川鐡道」へと行ってきました。まあ、今年のGWはどこにも撮影or旅行に行かなかったのでせめてもの感じで行ってきました。

ということでいきなりですが千頭駅にて
IMG_7036.jpg IMG_7065_201505171114112fe.jpg IMG_7072_20150517111526478.jpg
IMG_7076.jpg IMG_7073.jpg IMG_7081.jpg
C11-227号機。去年よりトーマス列車が走り出しまして、今年も6月から再びこの大井川鐡道にトーマスが復活するのですが・・・それに伴い客車もトーマス仕様の塗装がなされておりまして、今回は通常のSLにトーマス客車という編成です。まあ、これもこのコラボレーションがなければ撮影出来ないのでこれはこれで良いでしょう。

そして本日はSL列車が2本設定されているので並べて撮影。
IMG_7038.jpg IMG_7040.jpg IMG_7043.jpg
C11-227号機とC10-8号機。生憎の天候でしたがやはり良いですね。

その後、すぐに発車となりまして
IMG_7049.jpg IMG_7052.jpg
IMG_7058.jpg IMG_7060.jpg IMG_7062.jpg
C10-8号機。大井川ではあまり煙が期待出来ないのでこの発車のシーンが一番迫力のある画が撮れます。SL自体は大きくないのですが、やはり迫力は桁違いですね。

そして、大井川鉄道といえば様々な鉄道会社から譲渡されてきた列車が走っていることでも有名であり、本日は
IMG_7067.jpg
元南海21000系が停車していました。動く鉄道博物館ともいわれる大井川ならではの車両ですね。

そしてここに来た理由は・・・リアルトーマスです。
現在は千頭駅にて展示されているのでそれを撮影に来たというわけです。
IMG_7069.jpg IMG_7090.jpg
IMG_7094.jpg IMG_7097.jpg
現在展示されているのは「ヒロ」「パーシー」「ラスティ」の3台です。まあ、このヒロとパーシーは走行しないので展示のみとなりますが・・・今後は目が動いたり声が出たりするようです。ちなみに「ラスティ」は5月下旬までの限定らしいです。

そして大井川と言えば井川線です。
IMG_7085.jpg IMG_7087.jpg IMG_7089.jpg
軌間はJR在来線と同じの1067㎜ですが・・・車両が非常に小さいというミスマッチさが最高です。この狭い車内はナローみたいな感じですよね。

とまあ、こんな感じで千頭駅を後にしまして、次のSLを沿線で撮影することにしました。

本日2本目の102レ
IMG_7103.jpg IMG_7107.jpg IMG_7110.jpg
本日の牽引機はC11-227号機。やはり良いですね。まあ、大井川の鉄橋は最後に架線がかかってしまうのであまりいい場所がないのが欠点ですね。まあ、逆サイドから撮れば良いのですが・・・。そして、この列車を家山停車中に追い抜くことが出来まして最後にもう一度撮影。
IMG_7116.jpg IMG_7118.jpg IMG_7123.jpg
今度は接近戦で撮影。小型のC11ですがやはり生きている機関車は力強いです。

とまあ、これにて大井川の撮影を終えて帰路に着きますが・・・この後会社の飲み会があったのですが、家山を15:40分に出るとかなり厳しかったですね。

まあ、そんな所で本日は終わります。また、何かあったら報告します。
スポンサーサイト

tag : SL 大井川

本州制覇へ 八日目<完>

8日目の本日はこの旅の最終日となります。昨日までは岡見貨物を追いかけ撮影を行いましたが・・・昨日の最後に5675レを追いかけて山口県内まで来たのは、この旅の前半にて抑えることのできなかったものを最終日にもう一度チャレンジしようと思い、山口まで戻ってきた次第である。まあ、これをやるよりは岡見貨物のDD51の方が早く廃止になりそうではあるが・・・山口県には何度も来れないのでこの際ですから「SLやまぐち号」を撮影することに。まあ、どちらにせよ本日の19時20分ごろまでには広島駅にいなければならいので・・・SLを撮影しないとしても、午前中の岡見貨物を撮影して移動を開始しないとどちらにせよ間に合わない時間なのですが・・・

まず「SLやまぐち号」の通過まで時間があるので・・・古熊神社へと向かうことに。
IMG_2652.jpg IMG_2655.jpg IMG_2656.jpg
この古熊神社は本殿、拝殿ともに国の重要文化財に指定されているものですが・・・なかなかこじんまりとした佇まいでした。こちらは「別名:天神様」と呼ばれているようで、これからもわかるように菅原道眞を祭っている神社でありました。

さて、これから撮影へと向かいたいと思う。
IMG_2660.jpg
まずは3日目にも撮影を行った周防下郷~上郷へと向かうことにした。前回はDD51の代走での撮影で同士が集まっていたので少し早めにポジション取りに行き、見事1番乗りを果たし前回とは逆サイドを抑えることが出来た。
IMG_2668.jpg IMG_2675.jpg IMG_2677.jpg
C57-1号機やまぐち号。ついに捕らえることのできた「SLやまぐち号」このやまぐち号を牽引するC57は通称:貴婦人と呼ばれるほど素晴らしいスタイルの蒸気機関車である。現在C57が活躍しているのはJR東日本の「ばんえつ物語号」とこの「やまぐち号」であり、しかもこのやまぐち号は1号機(トップナンバー)を使用というともあり、JR西日本の日頃の整備の賜物であり、誠にありがたいものです。しかし、SL牽引はやはり迫力がありますな。DL牽引とは格が違うものでありました。そして最終的に本日のこの場所での撮影者は自分一人でした。

ここでの撮影の後は再び長門峡へと向かうことにする。やはり、SL撮影は煙を撮らなければならないですので、確実に煙を吐いてくれ尚且つ爆煙となる長門峡へと向かうのは当然である。
IMG_2684.jpg
最初の撮影地から長門峡へと来るまでに余裕で抜かすことが出来るので、長門峡ではいろいろ撮影場所を探してみたが・・・やはりSL素人の自分は前回と同じ画を求めてしまい、結局同じ画になってしまったが・・・やはりここでもDLとSLの違いをマジマジとそしてハッキリと感じさせられた。
IMG_2699.jpg IMG_2714.jpg IMG_2723.jpg
IMG_2730.jpg IMG_2739.jpg IMG_2740.jpg
長門峡駅を出たC57は警笛を山中に響かせ、激しい爆煙を残しつつゆっくりと向かってくるのですが・・・もう迫ってくる音から向こうに見える煙やらでそこに来る前から期待感を持たせてくれる力。そして近づいてきたときの石炭の匂い。素晴らしすぎる。ここまでで僅か2回撮影しただけだが・・・すでにヤられてしまっているのがわかるほどにキテいました。

そして再び移動し、本来であれば「通称:白井の里」へと向かい撮影を行い所であったが・・・失敗を恐れてしまい、向かった先は前回と同じ場所。
IMG_2742.jpg IMG_2743.jpg IMG_2744.jpg
結局はこの場所で、こんな感じになってしまった。これなら無理してでも他の場所で撮影を行えばよかったと思いながら、津和野の街中へと向かうことにした。

まずは津和野の街へ出る前に駅へと向かう。
IMG_2747.jpg IMG_2748.jpg
IMG_2749.jpg IMG_2752.jpg
SLは一度駅に入線し、乗客を降ろした後に客車を使用していない留置線に入れてから機関車は方向転換のために転車台へ向けて回送を始めるが、その前に前回訪れた際に行かなかったところが一か所だけ残っていたので、そこへ向かうことにした。
前日に温泉津にてわかったことであるが・・・「男はつらいよ第13作寅次郎恋やつれ」にて歌子を演じる吉永小百合さんの旦那の故郷という設定にて使われたのが、この津和野であり、撮影に使われた場所が街中にあるのでそちらへ行ってみた。
IMG_2753.jpg IMG_2754.jpg IMG_2756.jpg
IMG_2759.jpg IMG_2760.jpg IMG_2763.jpg
IMG_2768.jpg IMG_2771.jpg IMG_2775.jpg
劇中にも堀川を鯉が泳ぎ、まさしくこの場所である。現在は養老館(展示場)として使用されているのだが・・・確かこの場所は図書館という設定になっており、そこに勤めていた歌子は寅さんと身の上話をしながらバス停まで送り届けるというシーンであったと思うが・・・この街並みの中で寅さんと歌子の雰囲気は絶妙なものであった。

さて、周辺の街並みを撮影してから本題である転車台へと向かうことにした。

SLは通常、この転車台が無いと方向転換が出来ないので、このような施設がない場合は逆向き運転となるか補助機関車により運転されるかのどちらかとなり、雰囲気的には今一つの画となってしまうが、このSLやまぐち号は津和野にて方向転換を行い、整備されて再び先頭に立ち、新山口駅まで戻るのである。
IMG_2777.jpg IMG_2779.jpg IMG_2781.jpg
IMG_2785.jpg IMG_2786.jpg IMG_2787.jpg
IMG_2788.jpg IMG_2792.jpg IMG_2793.jpg
本当は転車台を回るSLを見たかったのだが・・・この後の撮影上、ここにてあまり時間を使うことはできないので転車台が回るところは見ることはできなかったが、上り列車に備えて整備している姿をこんな至近距離で見ることが出来たのは本当に素晴らしかった。しかし、SLの運行は大変なものです。このC57-1号機という素晴らしい機関車が走り続けられているということは機関士さんたちが整備を怠らずにしてくれているからであるので、誠にありがたいものです。

転車台周辺での撮影を終えて、これから上り列車の撮影地へと向かうことにした。

流石に復路までも同じポジションで撮影するのはちと勿体なので、少しだけ場所を変えることにした。

その前に、向かいの山に津和野城の石垣が見えたので撮影。
IMG_2794.jpg IMG_2796.jpg
まずは津和野駅からほど近い場所にて撮影することにする。

ここは街中からも近い上に必ず爆煙になる場所として有名な場所である。流石に超有名撮影地とだけあり、通過時刻の1時間以上前に到着したにもかかわらず、既に2名の同士がスタンバイ完了の状況であり、凄さを感じながらもそこの3人目となり撮影体制に入ることにする。本日は平日ということもあり、最終的に集まったのは5名ほどでしたが、平日の昼間に5名も集まること自体が凄いです。
IMG_2801.jpg
そして、上りのSLやまぐち号が定時にやってきました。
IMG_2811.jpg IMG_2819.jpg IMG_2824.jpg
IMG_2829.jpg IMG_2835.jpg IMG_2839.jpg
遠くに見える津和野の街中から煙が上がり、やがてこちらへと走ってくるSLに否が応でも期待値はMAXとなり、撮影ポイントへと差し掛かかる前にSLの方は既に爆煙にて登坂。そしてドラフト音を響かせながら迫ってくるその様は堂々たる走りを披露してくれました。やはりSLといえばこの爆煙のシーンですが・、やはり撮影する側にとってもこの条件が一番ですな。

この後は、再びSLを追いかけます。この後、渡川~長門峡間にて俯瞰撮影を行いたかったのですが・・・現地は激パ状態で・・・微妙なポジションしかないのは明らかだったので、安全に撮影出来そうな長門峡駅の手前にて抑えることにした。
IMG_2847.jpg IMG_2848.jpg IMG_2852.jpg
しかし、到着とSLの接近が思っていたよりも迫っていたので・・・あまり良い画は撮れなかった。まあ、これはこれでありということにして・・・

ここから一気に山口市内へと戻ることにする。本来は途中の篠目あたりで撮影を行いたかったのですが・・・先ほどの二の舞となるのは避けたいので再び大歳~仁保津間へと向かうことにした。

このポジションへはSLよりも断然早く到着し、撮影準備に入ることが出来た。そしてまずは
IMG_2858.jpg
キハ187系から撮影。光の加減もバッチリです。
IMG_2863.jpg IMG_2874.jpg IMG_2875.jpg
その後、やまぐち号を撮影。本来は無煙にて通過する場所ですが、本日は少々遅れていたせいか若干煙を吐きながら快走してゆきました。

この撮影をもって今回の旅での撮影は終了となりました。ここからレンタカーにて広島駅まで戻り、レンタカーの返却を行い、新幹線にて帰路に着くのですが・・・広島で乗車する新幹線はのぞみ188号発車時間は19:28発ですが・・・山口県の最後の撮影地を出たのが17時を少し過ぎたころでありなんとか到着する時間での設定でしたが・・・広島市内での大渋滞ハマりかなり焦ったがギリギリ19時20分に広島駅に到着。レンタカーを返却し、急いで新幹線ホームへと駆け上がり滑り込みセーフ。本当は広島駅にて買い物をしたかったのですが、今回は出来ずに何も買えずに車内へと入りました。そして現在は「のぞみ」と「ひかり」しか行っていない車内販売にて駅弁でも購入しようと思ったが、やはりこの時間帯では弁当系はすべて売り切れということで、結局何も買えないまま終わってしまいました。

これにて今回の本州制覇の旅は終了になります。今回は山口県を制覇することが出来ましたので・・・日本未到達地は残すところ「鹿児島県」だけとなりました。最後の最後にて残るところが残ってしまったという感じです。しかし、今回はSLの故障からDD51での代走。そしてついに撮影出来た岡見貨物の美祢線と山口線・山陰本線。そして日本最大のカルスト台地に秋芳洞。明治維新歴史の城下町 萩。そして山陰の温泉津、山間の小京都「津和野」。今回は8日間という長い旅でしたが・・・なかなか有意義な旅となりましたが、唯一、失敗したところは2日目にて門司港駅まで行っておきながら「SUGOCA」を購入し忘れているということである。まあ、それくらいで良かったです。

また、日常的な撮影となりますが・・・何かあったら報告します。

tag : SL 山口県 神社仏閣

「土・日きっぷ」で長野・山形・宮城・福島・新潟へ 1日目

今回はJR東日本が発売している「企画きっぷ」の「土・日きっぷ」というものを利用して旅に出た。
土・日きっぷ
「土・日きっぷ」について簡単に説明する。JR東日本のフリーエリア内での新幹線・特急・急行・普通列車に乗り放題の切符である。(一部私鉄も乗車可能)

今回の旅の目的は山形で開催されるJ1リーグの「モンテディオ山形VS清水エスパルス」の観戦を第一目標としている。だが、それだけでは勿体なので・・・付随していろいろ付けてみた。

まずは、切符を最大限利用するため始発列車に乗車した。(一部割愛する区間があります)

熱海5:19→東海道線普通列車→東京7:18

東京7:28→長野新幹線あさま505号→長野8:53

長野へ来た目的は、丁度よく飯山線の全通80周年号がこの日に走るため、その撮影をしたかった。

DD16 11 飯山線全通80周年号 (5) DD16 11 飯山線全通80周年号 (4) DD16 11 飯山線全通80周年号 (3)

DD16 11 飯山線全通80周年号 (2) DD16 11 飯山線全通80周年号 DD16 11 飯山線全通80周年号 (12)

DD16 11 飯山線全通80周年号 (11) DD16 11 飯山線全通80周年号 (10) DD16 11 飯山線全通80周年号 (9)

DD16 11 飯山線全通80周年号 (12) DD16 11 飯山線全通80周年号 (11) スハフ32 2357

オハ47 2266 スハフ42 2173 スハフ32 2357 (2)
長野駅で「飯山線全通80周年号」を撮影する。この列車はDD16が旧型客車を3両牽引して走る列車である。このDD16がたまらんですな。DD16-11は長野車両センターの所属である。

長野9:28→長野新幹線あさま516号→高崎10:18
長野駅 長野駅 (2) あさま

高崎10:30→上越線普通列車→渋川10:55
高崎駅 上越線 両毛線107系

何とここで、乗車したのは懐かしの湘南色115系でした。久しぶりに見たがやはり良いですな。
115系湘南色 115系湘南色 (4) 115系湘南色 (3)

そして、渋川まで来たのはちゃん理由がありまして・・・SLみなかみ号が走るのであります。本来は高崎から出るので、そこで撮影すればよいのですが・・・先に飯山線を撮影した関係上、この渋川まで追いかけての撮影となりました。
D51 498 SLみなかみ (3) D51 498 SLみなかみ (2) D51 498 SLみなかみ (11)

D51 498 SLみなかみ (8) D51 498 SLみなかみ (6) D51 498 SLみなかみ (4)
この日牽引したのはD51-498号機。この498号機は去年の12月にボイラー空焚きの故障から復帰して初めての牽引となりました。以前にも山梨の方で撮影していましたが・・・また、撮影しておきたく来たが、やはりSLは違いますな。
D51 498 SLみなかみ (5) 渋川 (2) 渋川
SLの発車待ちをしていると「新宿あがつま草津」が通過していった。渋川ではSLを撮影に来ただけなので、高崎に戻る。

渋川11:11→上越線普通列車→高崎11:37

高崎11:41→MAXたにがわ408号→大宮12:14
MAX.jpg

大宮12:33→つばさ115号→天童15:08
ここで一つの大失敗をしてしまった。この山形新幹線は非常に混む新幹線である。今回利用した切符は指定席を4回まで利用出来るのだが、ここで使用するかどうか迷っていたが、大宮駅まで難なく自由席を確保できたため、特に指定席を取ることを思わなかった・・・だが、蓋を開けてみれば、メチャ混み。ヤバイ。結局、天童までずっと立ちっぱなしであった。マジで疲れた。
天童駅 山形新幹線 天童駅 (2)
なんとか天童駅に着いた。狭いデッキに立ちつくし、やっとの思いで着いた天童はなんとも寂しかった
。今回乗車した山形新幹線は400系からE3系へと置き換えが始まっており、現在は400系が2編成しか運航していないという状況である。
奥羽本線701系奥羽本線701系 (2)
山形新幹線から下車すると目の前には奥羽本線の701系が停車をしていた。ちなみに山形新幹線は少し遅れて運転していた。

そして本日のメインであるサッカー観戦である。このために天童まで来たのだ。
モンティオ山形 (2) 歓迎清水エスパルス
天童駅から歩いていると、ノボリが沢山あった。その中にアウェーの歓迎ノボリもあった。これはなかなかない。素晴らしい歓迎である。だからと言って負けて帰るわけにはいかない。
山形県総合運動公園 NDソフトスタジアム NDソフトスタジアム (2)
山形のスタジアムは陸上トラックがあり日本平で見慣れている我々には見難いスタジアムである。

まあ、結果は1-0で勝利。ちょっと面倒くさいので内容は書きませんが・・・兵働からのセンタリングをヨンセンがヘディングでGOOL。このほかにもチャンスはあったものの決められずに終わった。山形もJ1残留に向けて頑張ってくれ。

試合終了後、山形市内へ戻りこの日は終了となる。2日目へ

                                完

tag : 東北 清水エスパルス サッカー D51 SL

山梨デスティネーションキャンペーン

本日は、JR東日本は、山梨デスティネーションキャンペーンの一環として、4月1日の〈SL山梨号〉〈EL山梨号〉に引き続き、4月3日より〈SL山梨桃源郷号〉、〈EL山梨桃源郷号〉を運転。
SL桃源郷
(甲府駅にて)
春爛漫の甲府盆地に勇壮なブラストが響く。運転は4月3日、6日、12日、13日。〈SL山梨桃源郷号〉は甲府→塩山、〈EL山梨桃源郷号〉は塩山→甲府でそれぞれ特製ヘッドマークを取り付けて運行しました。
12084012094651[1]

本日の12時58分の甲府発のSLを見にいきました。私は、初めて生で走っているSLを見ました。
やはり素晴しいですね。そして、昼に山梨の郷土料理である、「おざら」を食べましたが・・・まあ、こんなものかという感じです。名物に美味しいものは無いということですかね。本日の写真は「SL桃源卿号」です。石和温泉駅を塩崎方面に出発し、すぐのカーブにて撮影。

                                  完

tag : 中央線 SL D51

プロフィール

高虎

Author:高虎
鉄道・城郭などをメインに書いていきたいと思います。
画像をクリックしますと拡大します。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
現在時刻
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ヤフオク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
ユーザータグ

貨物 東海道線 EF66 EF65 甲種 EF200 DD51 EF64 神社仏閣 北斗星 北海道 イベント 城郭 東北 特大 ED79 富士・はやぶさ 寝台特急 あけぼの はまなす カシオペア サンライズ EF81 トワイライトエクスプレス EF510 DE10 東京 山口 現存天守 サッカー EF210 急行 SL 清水エスパルス 日本海 四国 私鉄 大井川 山陰 ラッセル 371系 青森県 新潟 寝台 キヤ DE15 北陸 広島県 D51 佐久間レールパーク 岳南鉄道 香川県 中央線 操車場 京成 高知県 清水 富山県 愛知県 シキ エスパルス 秋田県 柴又 埼玉県 銀河  トーマス 航空自衛隊 エアフェスタ 新潟県 兵庫県 山口県 キヤ95 郡上八幡 愛媛県 福井県 伊賀上野 お茶の水 能登 山形県 岩手県 なは・あかつき 大阪駅 夢空間 宮城県 大阪府 長野県 石川県 両国 江戸川 福島県 ゆとり踊り子 IVIS 200系 御殿場線 EF60 あさぎり ノロッコ 185系 弘前城 EH500 特急 371 四日市 C11 C10 ダイヤ 山陰本線 重連 EH200 改正 専用線 117系 トレイン117 HF S11 新幹線なるほど発見デー 115系 団体 CANON 東京メトロ GARNET CROW 靖国 鷲宮 たまゆら 長野 169系 高虎 トワイライト 機関区 DF200 ブルートレイン 京浜東北線 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。