FC2ブログ

山陰・山陽 現存天守めぐり 4日目

本日も旅の方を進めていきたいと思います。本日は岡山からの出発です。しかし、本日の天気予報は雨の様子。朝の段階ではまだ雨は降っておらず、何とか持ってくれ!と思いながら・・・駅に着くとなんだかポツポツと来るものがあり・・・すぐに本降りとなりました。やはり天気予報は当たり、晴れの国「岡山」で雨に降られました。雨が降ってしまうと本日のプランが見事に崩れ去るのです。本日は岡山周辺で貨物撮影と洒落込もうかと思っていたのですが、断念。
IMG_4287.jpg IMG_4289.jpg
岡山駅にて時刻表とにらめっこし、すんなりと山陰へ戻ることに決定。ただ、この岡山という場所は昨日まで使っていた伯備線と智頭急行&因美線を使った2本の選択肢があるのです。まあ、本日は智頭急行&因美線をしようした方で山陰に戻りたいと思います。最終目的地に合わせて使い分けてもらえばよい事ですが伯備線は米子・松江出雲市方面の場合、智頭急行&因美線は鳥取・倉吉方面に使用するのがベターでしょう。

さて、行き先を大まかに決めたところで・・・乗車する列車は「スーパーいなば」となります。「スーパーいなば」はキハ187系により運行されている列車で2両基本編成です。岡山駅では電化区間をディーゼルバリバリで激走します。スーパーいなばは一日6往復が設定されており、自分が乗車するのは3号となりました。本来は1時間に1本出ている「やくも」に乗車した方が明らかに早く着くのですが・・・本日は雨なのでそんなに急ぐことはなく、ゆったりと待ちます。

とはいえ、ただ待っているのもつまらないので昨日撮影した場所にて少しばかり旅客列車・貨物列車の撮影と洒落込みました。朝の岡山駅は本数が多いので、期待していたが・・・
IMG_4292.jpg IMG_4302.jpg IMG_4312.jpg
IMG_4316.jpg IMG_4317.jpg IMG_4320.jpg
旅客列車も西日本は楽しい。どうしても撮影してしまうのが「113・115系」ですね。既に我が地元では見ることのできなくなってしまった車両で、しかも湘南色という感極まりない感じです。その他には213系や381系(やくも)ついでにチラッと見えた九州新幹線「さくら」の側面など、楽しさ満点でした。
IMG_4306.jpg IMG_4309.jpg IMG_4328.jpg
結局、貨物は来るものすべて「桃太郎」という有様。昨日は岡山で桃太郎も乙なものと思ったが、やはりツマラン。上り列車しかポジション的に撮影できなかったが、下り列車では66さんがいい感じで入っていた。下り線で撮影すればよかったと激しく後悔したのは言うまでもありません。(やはり西日本の電光板は親切です。旅客列車ばかりではなく貨物列車の通過時刻も出してくれるなんて・・・)
IMG_4325.jpg IMG_4329.jpg IMG_4331.jpg
さて、そんな貨物撮影をしていると乗車する187系が入線してきました。
IMG_4332.jpg IMG_4333.jpg
岡山とはこれにて一時別れを告げて一路、鳥取を目指します。キハ187系自体は山陰で何度となく乗車しているので、別にこれと行った感動は無いのですが、自分自身が智頭急行への入線は初めてですので、楽しみです。
智頭急行に入るには岡山から一度姫路方面に走りまして、上郡駅まで行きます。そこから智頭急行へ入っていきます。それまでに朝ごはんをいただきます。本来なら撮影しないでその間に「食べておけよ!」という感じですが・・・そんなことは出来ません。なので本日も朝から駅弁です。本日は「お祭りべんとう」なるものを賞味しました。これはこれでなかなかおいしくいただきまして、上郡からの智頭急行線に備えました。
IMG_4335.jpg
上郡から智頭急行に入るのだが・・・ここで方向転換が行われる。すなわち進行方向が変わるのである。幸い、本日の乗車率はそんなに高くなかったため、気兼ねなく座席を回転させることが出来た。
IMG_4339.jpg
お待ちかねの智頭急行線は思ったよりも現代化されており、ほとんどが高架化されていて尚且つ一線スルー方式を採用しているので、高速運転が行われていた。何度か列車行き違いの為、停車したが高架駅だった。そして着いた先は智頭駅。
IMG_4341.jpg IMG_4342.jpg IMG_4343.jpg
IMG_4344.jpg IMG_4345.jpg
智頭駅では列車交換の為5分ほど停車したので一度車内から出てみた。智頭駅は因美線との接続駅です。駅には段幕があり「みどりの風が吹く”疎開”の街 智頭町」とありました。疎開の町って・・・
IMG_4346.jpg IMG_4441.jpg IMG_4349.jpg
IMG_4351.jpg IMG_4352.jpg IMG_4354.jpg
そんなこんなで鳥取に着いたわけですが・・・ここからまた移動が始まるのだが、まずは、荷物を預けて、再びホームへ。次はスーパーまつかぜ5号に乗車し「倉吉」まで向かいます。思いのほか、時間を食ってしまった為駅弁を購入する時間がなく、そのまま来てしまいました。
IMG_4359.jpg IMG_4360.jpg
倉吉からはバスにて進んでいきます。向かう先は「三徳山三仏寺」です。ただ、相変わらず雨模様。これは一日雨を覚悟しなければならいようです。
IMG_4363.jpg IMG_4364.jpg IMG_4365.jpg
IMG_4366.jpg IMG_4367.jpg
三徳山三仏寺には「国宝 投入堂」があります。この三徳山に境内を持つ山岳寺院である。古くは三徳山全体を境内とした。「投入堂」の通称で知られる奥院の建物は、垂直に切り立った絶壁の窪みに建てられた他に類を見ない建築物で、国宝に指定されている。また、三徳山は国の名勝、史跡に指定されている。

この三徳山三仏寺の「投入堂」を近くで鑑賞するには本堂裏の登山事務所で入山受付を行う必要がある。三仏寺では投入堂への入山はあくまでも観光ではなく修行である為、三仏寺拝観料とは別にここで入山料を支払い入山届に記入した上で、宿入橋から山道を登ることになる。投入堂への山道は非常に険しく、登山に不適当な服装や靴を着用している者は入山を拒否されることがあるようです。本堂裏の登山事務所では、登山に不適当な靴を履いて来た参拝者のために有料で草履を販売している。この他、汚れてもかまわないような動きやすい服装や登山に適した靴、岩や木の根を掴むための手袋をあらかじめ準備することが良いでしょう。このような三仏寺の厳しい対応にもかかわらず、滑落事故はあとを絶たないため現在では一人での入山は拒否されている。投入堂へ向かう途中には野際稲荷、文殊堂(重要文化財)、地蔵堂(重要文化財)、鐘楼堂、納経堂(重要文化財)、観音堂、元結掛堂、不動堂などが建つ。山の麓から投入堂までの道程のうち、特に麓から鐘楼までは、起伏に富んだ自然の山道がほとんど改良されることなく、以前のままの状態で残されているため、非常に過酷な部分が多い。
本堂裏の宿入橋からの高低差200メートル、全長ほぼ700メートルの行程は全て難所と言ってよく、所によっては鉄の鎖やロープ、時にはむき出しになっている木の根だけを頼りにしがみついて、その都度足場を確保しながら登り下りすることになる。
IMG_4369.jpg IMG_4371.jpg IMG_4372.jpg
IMG_4373.jpg IMG_4374.jpg IMG_4375.jpg
IMG_4376.jpg IMG_4377.jpg IMG_4378.jpg
IMG_4379.jpg
さて、倉吉駅からバスにて三徳山へ来たのだが・・・まずは参拝者受付案内所にて説明を受ける。そこの案内係の方にいろいろお話を伺います。今年の入山規制解除は4月6日に解除されたようで、本日が2日目という事。さらに先にも書いたが一人では入山が出来ない事。ちなみに自分は一人旅。この三徳山三仏寺は雨や強風などの悪天時には入山できなくなること。そして、本日、入山しているのはわずか5人ほど・・・。大概、何人かの入山者がいるようですが・・・本日は雨。入山者は、現れず。待ちぼうけ。約1時間半ほど待っていましたが・・・結局誰も来ませんでした。
IMG_4380.jpg
最終的に見えたのは参拝者受付案内所から見えた文殊堂(重要文化財)と少し離れたところにある「投入堂拝観所」から見た「投入堂」のみです。ここは晴れた日にまた来たいものです。入山時間が9時から3時までで、なおかつ公共交通機関が乏しいので、これで帰らざるを得なくなってしまった。さて、ここから再びバスに乗り込み倉吉まで戻ります。
IMG_4383.jpg IMG_4384.jpg IMG_4385.jpg
IMG_4389.jpg IMG_4390.jpg
IMG_4392.jpg IMG_4394.jpg IMG_4395.jpg
倉吉駅からとっとりライナーに乗り米子駅へと向かいます。米子では初日から気になっていた貨物を見てきました。
IMG_4396.jpg IMG_4440.jpg IMG_4434.jpg
IMG_4398.jpg IMG_4400.jpg IMG_4401.jpg
IMG_4403.jpg IMG_4408.jpg
米子駅ではDD51-1186によるチキ工臨が4日にあったようで側線に4両で止まっていました。このDD51-1186号機は出雲号のラストランを担当した機関車ですが、寝台特急亡き今となっては細々と工臨等を牽くだけとなってしまったが、無くなるよりはまだ良いですが・・・それにラストランを牽いた1186号機をここで拝むことが出来たのはよかった。ただ、寂しいことに全検が終わってから少ししか経っていないのでまだ、綺麗な状態で拝めたことはよかったのですが・・・去年の12月に全検をあけてから4ヶ月経っていてもこんなにきれいな状況ということは、それだけ活躍の場がないということの裏返しということですね。
IMG_4405.jpg IMG_4404.jpg IMG_4432.jpg
そしてその奥にはDE15-2520がいました。今年の正月に山陰地方を襲った大雪の際にはさぞかし活躍しただろうと思いながら、いつか動いている所を見てみたいという衝動にかられながら撮影。ちなみに今年の大雪の除雪作業中に脱線をしていたようです。←知らなかった。
IMG_4411.jpg IMG_4414.jpg
IMG_4416.jpg IMG_4417.jpg IMG_4419.jpg
さて、次は伯備線の貨物を牽引するEF64。本日は61号機がいました。この米子の地で「愛」や「大宮車」はなかなか新鮮なものです。
IMG_4413.jpg
無理やりですが、DD51とDE15とEF64を一緒の画に入れてみる。
IMG_4420.jpg IMG_4424.jpg IMG_4425.jpg
それから米子操車場を撮影。キハ大国です。パンタが付いているのはEF64のみという我が地元のほうとは真逆の現象が起きているのです。この米子駅は山陰本線と境線があるので、境線で運用されている鬼太郎列車なるものがあります。本日は「目玉おやじ」が充当されていましたが、その列車が帰ってきたところで一枚頂きました。
IMG_4426.jpg IMG_4428.jpg IMG_4431.jpg
しばらく操車場を眺めていると下り列車が入線してきまして、来たのは115系系統の114系です。パッと見では103系と間違えそうな顔をしていますが、115系の改造車です。反対側の顔を見れば一目瞭然なのですがね。久しぶりに、山陰でモーター車の普通列車を見たような気が・・・
IMG_4422.jpg IMG_4433.jpg
IMG_4437.jpg IMG_4439.jpg
まあ、しばらく米子駅にて撮影を行いながら帰りの列車の時間までを潰します。晴れていればもう少し違う行程が組めたのにと思いながら、これはこれで楽しかったりする。そんなことをしていると、次に乗車するスーパーおき4号が入線し、一路鳥取へと向かう。

さて、本日は旅先で食べる最後の食事となるのですが・・・鳥取駅前には居酒屋しかないようである。地元にもあるチェーン店では仕方がないので、聞いたことの無い居酒屋へと入る。
IMG_4442.jpg
まずは日本海の刺身の盛り合わせ
IMG_4443.jpg
次は煮込みホルモン
IMG_4444.jpg
なんのエビか忘れたが
IMG_4445.jpg IMG_4447.jpg
鳥取のB級グルメ「ホルモンそば」
IMG_4448.jpg
ラストは鮭茶漬け

これで本日の行程は終了。明日はついに最終日となります。
スポンサーサイト



tag : 神社仏閣 山陰 EF64 DD51 貨物

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

高虎

Author:高虎
鉄道・城郭などをメインに書いていきたいと思います。
画像をクリックしますと拡大します。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
現在時刻
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ヤフオク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
ユーザータグ

貨物 東海道線 EF66 EF65 甲種 EF200 DD51 EF64 神社仏閣 北斗星 北海道 イベント 城郭 東北 特大 ED79 富士・はやぶさ 寝台特急 あけぼの はまなす カシオペア サンライズ EF81 トワイライトエクスプレス EF510 DE10 東京 山口 現存天守 サッカー EF210 急行 SL 清水エスパルス 日本海 四国 私鉄 大井川 山陰 ラッセル 371系 青森県 新潟 寝台 キヤ DE15 北陸 広島県 D51 佐久間レールパーク 岳南鉄道 香川県 中央線 操車場 京成 高知県 清水 富山県 愛知県 シキ エスパルス 秋田県 柴又 埼玉県 銀河  トーマス 航空自衛隊 エアフェスタ 新潟県 兵庫県 山口県 キヤ95 郡上八幡 愛媛県 福井県 伊賀上野 お茶の水 能登 山形県 岩手県 なは・あかつき 大阪駅 夢空間 宮城県 大阪府 長野県 石川県 両国 江戸川 福島県 ゆとり踊り子 IVIS 200系 御殿場線 EF60 あさぎり ノロッコ 185系 弘前城 EH500 特急 371 四日市 C11 C10 ダイヤ 山陰本線 重連 EH200 改正 専用線 117系 トレイン117 HF S11 新幹線なるほど発見デー 115系 団体 CANON 東京メトロ GARNET CROW 靖国 鷲宮 たまゆら 長野 169系 高虎 トワイライト 機関区 DF200 ブルートレイン 京浜東北線 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア